中国国際貿易促進委員会が19日の定例記者会見で明らかにしたところによると、中国国際経済貿易仲裁委員会が制定した国際投資をめぐる紛争の仲裁ルールが10月1日から施行される。中国の仲裁機関が初めて打ち出す国際投資紛争の仲裁ルールだ。

写真拡大

中国国際貿易促進委員会が19日の定例記者会見で明らかにしたところによると、中国国際経済貿易仲裁委員会が制定した国際投資をめぐる紛争の仲裁ルールが10月1日から施行される。中国の仲裁機関が初めて打ち出す国際投資紛争の仲裁ルールだ。新華社が伝えた。

国際投資の仲裁は、投資家と投資先国との間の投資をめぐる紛争を解決する主要な手段だ。だが中国にはこれまで国際投資紛争の仲裁ルールがなく、仲裁機関にも投資紛争を受理した経験がなかった。中国企業と投資先国との間で発生した投資紛争の多くは米国に本部を置く投資紛争解決国際センター(ICSID)やその他の国際仲裁機関に持ち込まれることが多かった。中国仲裁委の王承傑副委員長兼事務局長は、「このたび国際投資紛争の仲裁ルールが打ち出され、中国の国際投資仲裁分野における仲裁ルールの空白が埋められたことで、中国の投資仲裁の実践経験が豊富になり発展し、中国のより国際化し、法治化し、円滑化したビジネス環境づくりのために着実な一歩を踏み出したといえる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集KS)