左から文大統領、トランプ大統領、安倍首相=(聯合ニュース)

写真拡大

【ニューヨーク聯合ニュース】国連総会に出席するため米ニューヨークを訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日未明(日本時間)、昼食会を兼ねた韓米日3カ国首脳会談を行い、北朝鮮への圧力と制裁を最大限強化していくことを確認した。

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官によると、3カ国首脳は北朝鮮の核・ミサイル挑発が北東アジアはもちろん、国際社会の平和と安全を脅かしており、決して容認できないとの認識で一致した。また、北朝鮮が耐えられず自ら対話のテーブルに出てくるよう、超強力な制裁と圧力を加えることにした。

 トランプ大統領は「韓国と日本に対する米国の防衛公約は強固かつ揺ぎなく維持される」と発言し、文大統領と安倍晋三首相は北朝鮮の脅威に対応し、安保分野での協力を維持していくことで一致した。