21日、ソウルの映画館で予定されていた英国の人気映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」の舞台あいさつが急きょ中止され、待ちわびた韓国のファンから怒りの声が上がっている。資料写真。

写真拡大

2017年9月21日、ソウルの映画館で予定されていた英国の人気映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」の舞台あいさつが急きょ中止され、待ちわびた韓国のファンから怒りの声が上がっている。韓国経済新聞などが伝えた。

20日午後、ソウル市内の会場で始まったレッドカーペットイベントには主演のコリン・ファース、タロン・エガートン、マーク・ストロングらが登場、「マナーが紳士をつくる」とのシリーズの名せりふをほうふつとさせる紳士的な振る舞いを見せた。

しかし問題はその後だった。午後8時から続いて予定されていた舞台あいさつが突然中止と伝えられたのだ。しかし現場では中止の理由などが伝えられず、学校や会社を休んで遠くから訪れたファンたちはただ俳優が現れるのを待ち続けるしかなかったという。

イベントを主催した20世紀フォックスコリア側は、3時間ほどたってようやく事情を説明するとともに謝罪文を出した。これによると、釜山(プサン)の映画館にソウルの現場の様子を生中継しようとしたが、二元放送に問題が発生し生中継が中止となってしまった。その際の関係者の伝達ミスで「生中継の中止」が「舞台あいさつの中止」となって伝わってしまい、俳優らをアテンドする関係者が俳優を会場からホテルに案内してしまったという。

激しいチケット獲得競争をくぐり抜けてやっと会場入りしていたファンたちからは「進行のレベルが最悪。俳優は二度と来てくれないだろう」「半休を使って行ったのにこんなにあっけなく終わってしまうなんて」「舞台あいさつドタキャンなんて初めて。最悪な気分で帰宅した」など怒りの声が相次いでいる。

事の経緯を知った韓国のネットユーザーからも「国の恥」「小学生ですらしないミス」「主催者側に問題が多い。英語で伝える時に間違えたのかな?だとしたら通訳が問題」「これじゃ、観客に訴えられても何も言えないね」と主催側への非難コメントが後を絶たない。

一方で、「映画をPRするために韓国までやって来て『舞台あいさつキャンセル』なんて俳優もあきれたことだろう」「あいさつが『アンニョンハセヨ(こんにちは)』じゃなく『BYE(バイバイ)』になっちゃったね」など俳優らの胸中を察する声も上がった。(翻訳・編集/松村)