ラデュレとベイクルーズが事業提携、出店拡大も検討

写真拡大

 ベイクルーズが、パリの老舗パティスリーメゾン「ラデュレ(LADURÉE)」の日本法人の営業用資産(店舗等)を買い取り、日本における独占的なライセンス契約を締結した。8月10日に新会社「ラデュレ ジャポン(LADUREE JAPON)」を設立し、ベイクルーズが100%出資。資本金は1,000万円で、代表をベイクルーズの窪田祐代表、上席執行役員チーフカンパニーオフィサーを伊藤忠商事から出向している渡邊勝が務める。
 ベイクルーズは「フランスの歴史と遺産を体現した現在のラデュレ事業に日本でツイストを加え、次へのステップに進めたい」というフランス本社のビジョンに賛同。ラデュレ側もベイクルーズの飲食事業の充実したポートフォリオおよびファッション分野の各ブランドとのコラボレーションなどの実績から、ラグジュアリー分野のグループ全体の底上げに寄与すると判断し、今回の契約に至ったという。
 ベイクルーズは銀座をはじめとする既存店舗はそのまま運営を受け継ぎ、年間1〜2店舗のペースで新規出店を検討。従来の"ラデュレらしさ"にコンテンポラリーな空間要素を加えた新生ラデュレをアピールしていく考えだ。