日本初。マインドフルネスの国際的なイベントが鎌倉 建長寺で開催 【前編】世界と豊かに「つながる」には?

写真拡大 (全4枚)

こんにちは、インド好きの翻訳者&エディターの松本恭です。今回は、日本ではじめて開催されたマインドフルネスの国際的なイベント「Zen2.0」について2回にわたりご紹介します。
「禅」の本場で「マインドフルネス」に出会う
去る9月2日と3日、禅の中心地である鎌倉の名刹建長寺で、Zen2.0というマインドフルネスの国際フォーラムが開催されました。これは、Zen2.0の発起人である三木康司さんがアメリカのWisdom 2.0という国際会議に参加したとき、日本でもこのような集まりを持ちたいと考えたことがきっかけだそうです。
Wisdom 2.0のテーマは、最先端のテクノロジーとマインドフルネスや瞑想など伝統の智慧との融合です。新しい時代をどのように豊かに、人間らしく生きるべきか、IT企業のトップから政治家、スピリチュアルリーダーなどが集まり意見を交換します。GoogleやFacebookをはじめとしたIT企業でマインドフルネスが実践されていることに象徴されるように、テクノロジーの進化とバランスするかのように、欧米ではヨガや瞑想は心身の健康に不可欠な要素としてライフスタイルに組み込まれつつあります。そして日本でも、瞑想に関心を持ったり、体験する人が急激に増えていると感じます。
この流れを受けて、今回鎌倉で行われたZen2.0でも、禅の老師からアカデミック、アーティスト、ジャーナリストなど、多岐にわたる専門家がプレゼンテーションを行いました。ここでは私が参加した2日目の内容からかいつまんでレポートします。
興味深いのは、このフォーラムは、ただ受け身で発表を聞くだけのものではなく、さまざまな形で聴衆も参加することができたという点です。もちろん坐禅やヨガのセッションもありましたが、さらに講演においても、プレゼンテーションに組み込まれたワークによって、インタラクティブかつライブな場が生成されていくのを体感しました。
そして今回のフォーラムの基調にあるキーワードは「つながり」だと感じました。まさに「禅」の本場で「マインドフルネス」が化学反応を起こし、そこからさまざまなつながりが広がっていく場に立ち会っているのだと感じることができたエキサイティングな体験でした。2日間にわたる濃密なイベントのほんの一端ではありますが、その熱気を感じていただければと思います。
心の傷(ダークネス)に光を当てれば癒やしがはじまるスティーブン・マーフィー・重松先生 「マインドフルネスからハートフルネスへ」

Zen2.0(撮影:松波佐知子)

『スタンフォード大学 マインドフルネス教室』(講談社)ほか多くの著作のあるマーフィー先生は、日本生まれ、アメリカ育ちの教育心理学者であり、現在はスタンフォード大学でマインドフルネスを教えています。今回のセッションは、マーフィー先生が実際に大学のマインドフルネスのクラスを始めるのと同じスタイルではじまりました。シンプルな呼吸を観察するセッションですが、授業の前にこの実践を取り入れると空気が完全に変化するそうです。
実際に全員でやってみたところ、わずか数分で会場の雰囲気がリラックスした集中状態に変化しました。「リラックスした集中状態」というのは、瞑想(マインドフルネス)状態とほぼ同義と言っていいと思います。

Let's do it!
・目を閉じて背筋を伸ばす・両手を膝の上に置く・息をゆっくり吐いて観察する・息をゆっくり吸って観察する

さらに、ある意味ではマインドフルネスの本質を突いていると感じた興味深いワークも行いました。これは、よく知らない人とペアになり、「Who are you? 」と互いに質問を重ねるワークです。
ワークショップなどに参加すると、周囲の人と自己紹介しあうことはよくありますが、このワークの場合は、会話するのではなく、ただ「Who are you? 」と質問を重ねるだけなのです(「あなたはどなたですか?」と日本語で尋ねるより、英語の「Who are you? 」のほうがリズミカルで、テンポよくワークをすすめることができました)。