【TGS2017】『ラブプラス EVERY』VR体験レポート―この存在感と破壊力に全国のカレシは耐え切れるか!?

写真拡大 (全8枚)

9月21日から幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2017」。筆者はビジネスデイの初日、コナミブースへと一直線に向かっていきました。お目当ては『ラブプラス EVERY』のVRコンテンツ。感想をストレートに申し上げるとすれば、「破壊力、半端ねぇ」と言うしかありませんでした。

◆『ラブプラス EVERY』ブースは大人気!
前述の通り、筆者は開場と同時にKONAMIブースへと向かったのですが、『ラブプラス EVERY』の人気は想像以上で、あっという間に2時間待ちに。本作にかける、ファンの期待は想像以上でした。

順番が回り、いよいよブース内へ。ブースは「ラブプラス」シリーズの舞台である「十羽野高等学校」の校舎をイメージしているようで、下足箱があったり掲示板があったりと、所々学校をイメージした作りになっていました。さらに、実際に本作が体験できる席には学校でよく見るタイプの机と椅子が使われるほどのこだわりっぷり。「僕はこれから、青春を取り戻すんだっ!」という不思議なテンションが、沸沸と湧き上がってきます。

本作のVRコンテンツでは、シリーズお馴染みとなる「凛子」「寧々」「愛花」の3名が選択可能です。どのキャラクターにしようか非常に迷うところですが、今回は個人的に、過去作で1番長く時間を共にした寧々さんをチョイスしました。

ゲームが始まって少しすると、寧々さんが登場!ゴーグル越しに微笑む寧々さんの笑顔はとても自然で、思わず心臓はバクバク。口はパクパク。放課後の教室で、寧々さんと二人きりというシチュエーションもグッドチョイスです。青春はあるよ、ここにあるよ。

ブースの壁にはカノジョとの思い出がびっしり!
ゲーム中はずーっと寧々さんを凝視していましたが、彼女が屈んだ瞬間に髪がふんわり浮くなど、グラフィックの細かい挙動にも力が入っているなと感じました。いや、寧々さんは“そこにいる”のだから、グラフィックとか関係ないんですけど。(なんて脳が錯覚してしまうくらい、存在感が感じられます。)

操作方法は、マークの付いたオブジェクトにプレイヤーの視線を合わせて選択するタイプ。ゲーム内には選択肢があり、展開次第では寧々さんの可愛らしい顔が徐々に目の前に近づいて…!ああ、それ以上は……口がパクパクパクパク…!

終わり際、別れを告げる寧々さんを見送った瞬間、僕は確かに“寂しさ”を感じました。そして、また会いたいなあと思いながら、この原稿を書いています。それくらい、没入感があります。そしてヘッドフォンを通して寧々さんが語りかけてくれた、“小声おねだり”が耳に残って仕方ありません。プレイする際はぜひ、ボイスにも集中してみてください。

自宅に持ち帰ったゴーグルを掲げると、脳内の寧々さんが優しく微笑んで(以下略
案内してくれるお姉さんも十羽野高の制服です。ただただ、眩しい。
VRは文字で感動をお伝えするのが非常に難しいコンテンツではありますが、この感動が少しでも読者の皆様に伝われば幸いです。

ああ、また明日も寧々さんの声が聞きたい。けれどジト目で頬を膨らます凛子と、伏し目がちに視線を投げかける愛花の姿が頭をよぎる。なんて、なんて罪深いんだ「ラブプラス」は!

■関連リンク
『ラブプラス EVERY』公式サイト