チェルシーがFWジエゴ・コスタのアトレティコ移籍合意を発表

写真拡大

 チェルシーは21日、FWジエゴ・コスタ(28)がアトレティコ・マドリーに移籍することで合意に至ったとクラブ公式サイトで発表した。あとは個人条件での合意と、メディカルチェックをパスすれば移籍は完了するという。

 D・コスタは2014年夏までアトレティコでプレーしており、手続きが完了すれば3シーズンぶりの古巣復帰となる。移籍合意については同日にスペイン『アス』など複数メディアから報じられており、移籍金はボーナスを含めて6000万ユーロ(約80億円)、契約期間は2021年までの4年間と見られている。

 昨季終了後にアントニオ・コンテ監督の構想外となったD・コスタは、今夏の移籍が濃厚と思われていたが、移籍市場の最終日までに新天地が見つからず、チェルシーに残留していた。

 なお、アトレティコは国際サッカー連盟(FIFA)から選手登録禁止処分を科されているため、D・コスタは来年1月まで試合に出場できない。報道によると、プレー可能になるまではディエゴ・シメオネ監督とコーチングスタッフの下でトレーニングを行っていくようだ。


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2017-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集