GoogleがHTCのスマホ事業の一部を買収!11億ドルで

HTCは21日(現地時間)、地元である台湾の台湾証券取引所にて「重大記者会見」を開催し、Googleとスマートフォン(スマホ)事業において提携する契約を集結したと発表しています。同日、Googleからも発表され、今後数年間に渡って革新的な製品開発を行うための契約であることを明らかにしました。

具体的にはこれまでHTCが開発・製造を担当していたGoogleのスマホ「Pixel」シリーズの開発部門のHTCスタッフがGoogleのハードウェア部門に参加するほか、HTCの所有するスマホ開発に関連する一部の知的財産(IP)の非独占的なライセンス取得も含まれます。

これにより、HTCはGoogleから11億ドル(約1235億円)を受け取り、2018年はじめまでに契約が完了するとのこと。なお、協力といった表現がなされているものの、Googleでは「These future fellow Googlers」とも記載しており、将来的に今回参加するスタッフはGoogleに入ると見られ、実質的なPixel関連事業の買収と見られています。

HTCでは事業の中心であるスマホ関連を含めて業績不振に陥っており、赤字が続いているため、身売り報道なども多く出ていましたが、ひとまず、GoogleにPixelシリーズの開発チームや関連IPなどのスマホ事業の一部を実質的に売却することで資金を得ることになりました。

とはいえ、一部といってもHTCのスマホ事業において開発に係る人材は約4000人とされており、その半数の約2000人が今回、Googleのハードウェア部門に加わることになります。

発表に当って元Motorola MobilityのCEOで現在はGoogleのハードウェア部門シニアバイスプレジデントであるRick Osterloh氏は「Googleのハードウェアビジネスはまだ初期段階」だとし、HTCはAndroidにおいて最初期のはじめての製品「HTC Dream(T-Mobile G1)」やGoogleブランドの「Nexus」シリーズの初号機「Nexus One」など、多くの協業があったとしています。

また最近でも昨年に立ち上げた「Pixel」シリーズのスマホも「Pixe」および「Pixel XL」ともにHTCが開発・製造を担当していました。また同氏はすでにティザーによって告知している2017年10月4日(水)に開始されるイベント「Oct. 4 - Google」において第2世代の製品を発表する準備を進めていることを明らかにしています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Google signs agreement with HTC, continuing our big bet on hardware
・HTC 與 Google共同宣布簽訂11億美元合作協議 | HTC 台灣