香川、今季初得点に「思わず吠えた」 独大使館も歓喜で「写真で面白い一言」企画開催

写真拡大

HSV戦、今季初先発・初ゴールをマーク ドイツ大使館がプレゼント企画を発表

 ドルトムントの日本代表MF香川真司が、現地時間20日の敵地ハンブルガーSV(HSV)戦で今季リーグ戦初先発を飾ると、前半24分に初ゴールをマーク。

 後半21分までプレーし、3-0の勝利に貢献した。香川は試合後に公式ブログを更新し、「思わず吠えてしまいました」と率直な思いを明かしている。

 香川は4-3-3システムの左インサイドハーフとして先発し、前半24分にセットプレーの場面で嗅覚を見せつけた。右サイドからのFKでウクライナ代表FWアンドレイ・ヤルモレンコのクロスからトルコ代表DFエメル・トプラクがヘディングシュート。これがゴールの目の前にいた香川への絶好のパスとなり、右足で冷静に押し込んでネットを揺らした。

 そんな男の一撃にドイツ大使館の公式ツイッターも「昨日の試合でドルトムントの香川選手が待望の今季初ゴール!」と歓喜。さらにフォロワーを対象に“写真で一言”の企画を開催し、特に面白い一言には香川の直筆サイン入りユニフォームをプレゼントすると発表した。

 その写真とは、香川の目の前でHSVのブラジル代表MFワラセがヘディングしているもので、頭にボールがミートした瞬間にワラセは変顔のような表情をしている。返信欄にはすでに多くのコメントが寄せられており、思わず笑ってしまうものも少なくない。

久しぶりの得点に「正直うれしいね」

 香川自身は試合後にブログで「今日は休みなので少しゆっくりしてます。ちょっとだけドライブしながらリラックスしてね」と報告。さらに「昨日の試合、久しぶりの得点は正直うれしいね。思わず吠えてしまいました。連戦も続きますし、ここからですね」とうれしさを露わにしつつも、今後を冷静に見据えている。

 HSV戦の一撃で、ブンデスリーガ通算37得点目をマークした香川。シュツットガルトとマインツで活躍した日本代表FW岡崎慎司(現レスター・シティ)の持つ日本人選手の得点記録タイに並び、そのことも大きな注目を集めている。

 日本人最多記録更新に向けた期待感が高まっているなか、“写真で面白い一言”の企画も反響を呼んでおり、香川の今季初ゴールによる余韻は、まだしばらく続きそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】ドイツ大使館公式ツイッターが投稿、相手MFが香川の目の前でヘディングした瞬間から「写真で面白い一言」


ドイツ大使館公式ツイッターが投稿、相手MFが香川の目の前でヘディングした瞬間から「写真で面白い一言」