バルセロナ移籍時に周囲から疑惑の目を向けられたブラジル代表MFパウリーニョだが、リーガエスパニョーラデビューから3試合で自身の価値を証明しつつある。

バルセロナは今夏、パリ・サンジェルマンのMFマルコ・ヴェッラッティを狙っていた。だがパリSGが8000万ユーロ前後の高額な移籍金を要求したことでターゲットを切り替え、到着したのがパウリーニョだった。

「パウリーニョとヴェッラッティでは全くタイプが異なるではないか」。バルセロナファンからはそんな声も上がった。確かにパウリーニョは中盤のオーガナイザーではない。先発フル出場したリーガ第5節のエイバル戦(6-1)で、彼のパス本数は39本であった。これはGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンの48本より少ない数字だ。

だがパウリーニョは第4節ヘタフェ戦(2-1)で勝利をもたらす逆転弾を沈め、エイバル戦でも得点を記録した。今夏パリSGにFWネイマールを放出したバルセロナが補うべきは得点力だったわけで、このブラジル代表MFはここまでその穴を埋める活躍を見せている。