東北道 安達太良SA(下り)オリジナル商品「本宮烏骨鶏ご飯だれ」(648円、200g)

写真拡大

これさえあればごはんがモリモリ進むこと間違いなし!SA・PAで買えるご当地“ごはんの友”をピックアップ。お土産にはもちろん、もしもの時に備えての保存食としてもオススメ。

【写真を見る】唐辛子のアクセントが効いた「スタミナ水戸納豆」(540円、130g)

■ <1>東北道 安達太良SA(下り)

「本宮烏骨鶏ご飯だれ」(648円、200g)は地元本宮市の特産品「本宮烏骨鶏」の肉にネギをたっぷり加え、味噌などで味付けした同SAオリジナル商品。濃厚でごはんが進む。

■ <2>常磐道 東海PA(上り)

「スタミナ水戸納豆」(540円、130g)は茨城県産の大豆を使用した創作納豆。ニンニクの風味と豚肉の旨味、さらに唐辛子のアクセントが効いたクセになる味だ。

■ <3>上信越道 東部湯の丸SA(上り)

「七味唐辛子入りなめ茸」(432円、180g)は、生産量日本一の長野県産エノキタケに、信州名物・日本三大七味の一つ、八幡屋礒五郎の七味唐辛子を加え、程よい辛さに仕上がっている。食欲の秋にごはんがますますおいしくなる「ごはんの友」。ぜひ試してみて。【ハイウェイウォーカー編集部】