「ワールドクラスになれる」 ユナイテッドOBが19歳新鋭FWの飛躍に太鼓判

写真拡大

フィル・ネビル氏がリーグ杯バートン戦で2得点のラッシュフォードを称賛

 マンチェスター・ユナイテッドは、現地時間20日にカラバオ・カップ(リーグカップ)3回戦で英2部相当のバートン・アルビオンFCと対戦し、4-1で勝利した。

 この試合で2得点を決める大活躍を見せたイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードには、クラブOBから「デンベレやムバッペと肩を並べる存在」との賛辞が届いている。

「誰もがウスマン・デンベレやキリアン・ムバッペのことを称賛するが、この国では誰もラッシュフォードの話をしない」

 ラッシュフォードに対する注目度の低さを嘆いているのは、ユナイテッドOBで元イングランド代表DFのフィル・ネビル氏だ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」で19歳のラッシュフォードを絶賛し、規格外の移籍金を動かすスター選手と同レベルだと語っている。

「彼がイングランド人だから、『彼は左ウイングでプレーしている。OKだ』と言ってそれでおしまい。彼は同じくウインガーとしてプレーするデンベレやムバッペと肩を並べる存在だ。ラッシュフォードは、センターフォワードでプレーさせるべきという人もいるけど、彼は本当に良い選手だからどこでもプレーできるよ」

「彼は毎シーズン成長していて未来がある」

 20歳のデンベレは、今夏の移籍市場で1億500万ユーロ(約140億円)にも及ぶ移籍金でドルトムントからバルセロナへ渡った。ムバッペもモナコからPSGへ期限付き移籍し、来夏の買い取り金額は1億8000万ユーロ(約236億円)に及ぶと言われている。

 その移籍金の高さからデンベレやムバッペが話題をさらっているが、ラッシュフォードも19歳にしてユナイテッドのレギュラークラスという逸材。衝撃デビューを飾った1年半前のフィーバーぶりは落ち着いているが、ネビル氏は過小評価されていると感じているようだ。

「ラッシュフォードは1億ポンド(約150億円)から1億5000万ポンド(約225億円)の価値がある選手で、彼らと同じくらい良い選手。彼は毎シーズン成長していて未来がある」

 ネビル氏は「彼はワールドクラスになれる」と、ラッシュフォードへ惜しむことなく賛辞を送っている。外国籍選手の流入が激しくなり、代表チームのレベル低下が叫ばれるイングランドだが、久しぶりに現れたワールドクラス候補生への期待は大きいようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images