DF酒井宏樹がネイマールとの対決について語った

写真拡大

 マルセイユに所属するDF酒井宏樹が、10月22日の第10節でのパリSGFWネイマールとの対戦について語った。『フランスフットボール』のインタビュー内容を19日、フランスメディア『ブラスティングニュース』が伝えている。

 パリSGは今夏に超大型補強を行い、バルセロナからはネイマールを獲得。右サイドバックを主戦場とする酒井は、第10節でネイマールとマッチアップする可能性が高くなっている。夢の対戦について酒井は「もしネイマールを止めたら、僕はバロンドールにノミネートされるかな…?」と言及。ユーモアを含めた発言ながら戦う意志を示した。

 酒井は2016-17シーズンからマルセイユに加入。開幕戦からフル出場を果たすとリーグ戦35試合に出場した。今季はヨーロッパリーグ予選に全試合出場して本戦出場に大きく貢献し、リーグ戦もここまで5試合に出場。第6節・アミアン戦では高速クロスで先制点を演出した。特に今季は守備面や周囲との連係が大幅に向上。マルセイユにとって不可欠な存在になった酒井がネイマールを封じることができるか。注目の一戦となる。


●海外組ガイド