何だか最近薄毛が気になりはじめたので、そろそろ自分も育毛ケアをはじめる頃かと薄毛に効きそうなものを探しにドラッグストアに駆け込んだものの、育毛剤とヘアトニックの違いがよくわからないというあなた。確かにどちらも頭皮ケアコーナーに置かれていて、どちらを使えば良いのか、どう違うのか迷ってしまうところですよね。そんな育毛剤とヘアトニックの違いについて紹介したいと思います。

育毛剤は育毛を促進するもの

まず育毛剤とは何なのかについて知っておきましょう。育毛剤とは育毛有効成分が使用された、薄毛予防、薄毛改善を目的とする頭髪用の育毛料のことです。育毛有効成分としてはビタミンや生薬などその種類は様々。こういった育毛に有効とされる成分に加え、製品によっては頭皮の炎症を抑える成分や保湿を促す成分、代謝を促す成分なども使用されています。つまり育毛剤は頭皮環境を整え、育毛を促進するものということですね。

ヘアトニックは頭皮を清潔に保つもの

ヘアトニックは別名、育毛トニックとも呼ばれています。ヘアトニックは主に頭皮を清潔に保つ位置づけの大きいもので、頭皮の臭い、かゆみ、蒸れなどの不快な症状を改善してくれるものとされています。近頃では血流を促す成分や、養毛成分が使用されているものも増えてきましたが、育毛剤に使用されているような得に有効な育毛成分が使用されているものではありません。ヘアトニックはあくまで頭皮を清潔に保つものであると捉えておいた方がいいでしょう。似ていても異なるトニックシャンプーの基礎知識も要チェックです。

育毛剤とヘアトニックどちらが薄毛に効く?

育毛剤もヘアトニックも程度は違え、いずれも育毛に寄与してくれるものではあります。ただヘアトニックに期待できる育毛効果は微々たるもので、そもそも育毛を期待するようなものではないことを知っておかねばなりません。育毛剤のように特に有効とされる成分を使用していないことから、育毛剤と比べヘアトニックはより安価である傾向にあります。育毛剤は頭皮環境を整え、育毛に適した土壌づくりを行う上では非常に適しています。育毛に特に有効な成分を使用しているため、ヘアトニックよりも価格はお高めです。両者のうち、どちらが薄毛に効くかというと、それは当然育毛剤の方でしょう。しかしここで注意があります。育毛剤にはどれも育毛有効成分が含まれていますが、発毛成分はどれにも含まれているとはいえないことです。発毛成分としてはミノキシジル、フィナステリドが有名ですが、もしあなたが育毛剤に発毛効果を望む場合は、発毛有効成分が使用されている製品であるのかの確認しておく必要があるでしょう。


writer:サプリ編集部