インドア練習場でのレッスンや、ゴルフメーカーでもスイング解析を行っている中山勝人が首位発進(提供:大会事務局)

写真拡大

公益社団法人日本プロゴルフ協会主催によるティーチングプロ日本一決定戦「第19回PGAティーチングプロ選手権大会」が9月21日(木)、北海道の登別カントリー倶楽部で開幕した。
笑いと涙の4日間…宮里藍のラストゲームを写真でプレーバック!

天気こそよかったものの、強い風が吹き荒れる難コンディション。そのため各選手ともスコアメイクに苦しんだが、4バーディ・1ボギーの3アンダー“69”でまとめた中山勝人(43歳)が単独首位に立った。2位タイには河野一哉(42歳)と丸岡靖大(31歳)が2アンダーで並んでいる。

なお、大会は2日間の日程で行われ、9月22日(金)が最終日となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017年 第19回PGAティーチングプロ選手権大会の成績表
石川遼はD・マッカ―シーらと同組 来季の出場権当確なるか【入れ替え第3戦】
日本オープン出場の石川遼がコメント「日本でプレーできるのが楽しみ」
プレーオフ最終戦が今夜開幕 松山英樹はオッズ19倍、V予想8番手
この日最長の“347ヤード”をかっ飛ばしたのは一体何者?