ポートランド・ティンバーズのサポーター【写真:Getty Images】

写真拡大

 メジャーリーグサッカー(MLS)のポートランド・ティンバーズは20日、「5歳」のGKデリック・テレスくんと1試合の契約を交わしたことを発表した。

 デリックくんは脳腫瘍を患い、闘病生活を送っているという。病気に苦しむ子どもたちの夢を実現することに協力する団体「Make-A-Wish Oregon」の力添えにより、ポートランド・ティンバーズのトップチームの選手になるという夢が叶えられることになった。

 デリックくんは22日に練習場を訪れて監督やチームメートらと対面し、7歳の兄とともに練習に参加する予定。ロッカールームにも専用のロッカーが用意され、ユニフォームも作成されるとのことだ。

 24日にホームで行われるMLSのオーランド・シティ戦では出場メンバーとともにピッチに入場することになる。チームのウォーミングアップ中にはベンチに入り、その後は両親とともに試合を観戦することが予定されている。

「デリックは非常に才能に恵まれた若いGKだ。今週末の試合に向けて彼と契約できたことを嬉しく思っている」とカレブ・ポーター監督はコメントを述べている。

text by 編集部