SE7EN 生バンドスタイルで新たな魅力を発揮

写真拡大

SE7EN 生バンドスタイルで新たな魅力を発揮

【画像】SE7ENのライブの写真を一覧で見る

韓国出身のソロアーティスト、SE7EN(セブン)が9月18日、千葉・舞浜アンフィシアターにて、ライブツアー「SE7EN LIVE in JAPAN <No.7>」のファイナルを迎えた。

自身の誕生日である11月9日にフルアルバム『1109』のリリースが決まっているSE7ENは、このツアーでニューアルバムに収録される最新曲も披露。また、初期の活動曲やファンから募ったリクエスト曲をちりばめ、幅広く彩り豊かなステージで会場を魅了した。

シャイニ―レッドのスーツにサングラスでキメて、ダンサーと共に登場したSE7ENは、さっそく新曲『JACKPOT』でライブをスタートさせた。タイトルのJACKPOT(大当たり!)にぴったりの“フィーバー感”満載でノリノリな1曲。立ち上がる火柱とSE7ENの真っ赤なスーツに合わせ、会場を埋めたファンのブレスライトも赤く染まり、一気にテンションをアップさせると、『All Night Long』『GIVE IT TO ME』へと勢いよく続ける。

「コンニコンニー! SE7EN の2017年コンサート にようこそ!」と会場を見渡したSE7ENは、「みんな、体力OKですよね? 最後までいけます?」と煽り、『SOMEBODY ELSE』『11:30』をスタイリッシュに魅せる。『LA LA LA』のダンスブレイクではしなやかなダンスで魅了し、『Be Good To You』の切なさあふれる熱唱に圧倒された客席からは、感嘆のため息がもれた。

キュートなパジャマ姿も披露

雰囲気を変えてブラックのジャケットスタイルで登場すると、『Better Together』と『Digital Bounce』のコンビネーションから『Feel The Fire』へとスピーディーに畳みかけ、一転、『ケンチャナ』で切なさ満点の世界へ。「最終日だから、今日の雰囲気が一番いいんじゃないかな? 雰囲気が超好き!」と笑顔を見せるSE7ENは、ここでファンクラブを通して募っていたリクエストベスト7を発表。「僕が歌いたい曲だけじゃなくて、皆さんが聞きたい曲を聴かせてあげたかったんです」と順に曲を発表していく。

「日本のバラードの中で1番好きかも」という『会いたい』が3位、「この曲を皆さんがこんなに好きって思わなかったです」「ホント? マジで?」と本人が不思議がる『TATTOO』が2位、そして1位には、韓国のサードアルバム収録曲『THE ONE』がランクイン。続くステージで披露されたこの3曲はどの曲も、アコースティックなアレンジと感情のこもったSE7ENの歌声、この曲を初めて聴いたころの懐かしさが重なり、キュンと胸が締め付けられる。会場の歓声と拍手はしばらく鳴り止まなかった。

さらに雰囲気を変えた次のパートでは、新曲『No.7』を披露。事前にSE7ENがSNSで振付のレクチャーをしていたので会場の一体感はバッチリ。『Good Night』では、なんとパジャマ姿に天使の輪をつけたキュートなスタイルで客席に現れ、ファンとハイタッチ。ステージに戻ったSE7ENは、「次の曲は切ないバラードだから、このまま歌うのは無理なんで……」とパジャマを脱ごうとするが、会場からの意見でパジャマ&天使の輪スタイルのままバラードに挑むことに。ざわつく客席に向け「“寝起きで切ないバラードが聞きたい”という気持ちで歌います」という気の利いたコメントをして新曲『あのときよりも』を初披露した。

日本デビュー曲『光』に続き、ラスト曲となった韓国デビュー曲『Come Back To Me』では、間奏で一度ステージ袖に戻ったと思いきや、デビュー当時と同じくローラーシューズを履いて登場するといううれしい演出! ステージを自在に行き来し、「また会いましょう! 愛してまーす!!」とライブを締めくくると、『Passion』『君が好きだよ』『We Need Is Love』の3曲でアンコールに応え、最後の最後まで会場を熱くさせた。

「もっとやりたい、帰りたくないなあ」と、トークで何度もつぶやいていたSE7EN本人が、誰よりもこのステージを楽しんでいることが伝わってきたライブ。同時に、ドラマチックで超クールなバンドアレンジの楽曲やファンに寄り添った選曲、バラエティに富んだステージングなど、見る者・聴く者を全力で楽しませようというSE7ENのエネルギーがあふれた空間だった。「今度来る時は、新しいスタイル、新しいSE7ENを見せたい」。ライブのたびにそう宣言するSE7ENの言葉には、いつも嘘がない。その無限の引き出しから、今度はどんな新鮮な姿が飛び出すのか……。11月発売のニューアルバム、そして「年末にはきっと何かやると思うから!」という次のステージが、早くも待ち遠しい!