ジエゴ・コスタのアトレティコ復帰が87億円で合意と報道

写真拡大

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)のアトレティコ・マドリー移籍決定が目前のようだ。スペイン『マルカ』が、チェルシーとアトレティコがジエゴ・コスタの移籍に関して合意したと報じた。来年1月の選手登録が見込まれている。

▽『マルカ』の報道によれば、チェルシーとアトレティコは、5500万ユーロ(約73億6000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億4000万円)の移籍金で合意。ジエゴ・コスタは今後数時間のうちにマドリッドに向かい、今週土曜日にはアトレティコの新スタジアムのワンダ・メトロポリターノでリーガエスパニョーラ第6節のセビージャ戦を観戦する予定だとのことだ。また、移籍成立の最後の関門となるメディカルチェックも今後受けなければならない。また、ジエゴ・コスタの移籍合意はスペイン『アス』も報じており、こちらはボーナス込みで6000万ユーロ(約80億3000万円)と主張している。

▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタは、今夏の移籍市場でアトレティコ復帰を求めるもクラブ間の交渉がまとまらず、最終的にチェルシー残留が決定。来年1月から正式にプレー可能となるアトレティコには2007年から2009年、そして2010年からチェルシーに移籍するまでの2014年まで在籍していた。