小柄な“軽量3トップ”がナポリを牽引する

写真拡大

[9.20 セリエA第5節 ラツィオ1-4ナポリ]

 セリエAは20日、第5節を行った。ナポリは敵地でラツィオと対戦し、4-1で勝利。開幕5連勝を果たした。

 無敗対決となった注目の一戦はラツィオが先制。前半30分、PA右を突破したFWチーロ・インモービレが折り返し、DFステファン・デ・フライが右足ダイレクトボレーでゴールに突き刺した。

 しかしここからナポリが怒涛の4得点を決めていく。後半9分、右CKからこぼれ球をDFカリドゥ・クリバリが押し込み同点とすると、同11分、MFマレク・ハムシクのパスからPA中央のFWホセ・カジェホンが左足シュートを決め、一気に逆転に成功する。

 後半14分にはスーパーゴールでリードを広げる。中盤のMFジョルジーニョが最前線のFWドリース・メルテンスへロングパス。そのままPA左に進入するが相手GKに阻まれ、ボールはPA左外に流れてしまう。メルテンスは旋回するようにPA左外のボールを追うと、そのまま振り向きざまに大きなループシュート。ボールは相手GKの頭上を越えてゴール右に突き刺さった。

 試合終了間際にはジョルジーニョがPKを決めてダメ押しの4点目。イタリア・スーパー杯(3-2)でユベントスを下し、ここまで開幕4試合負けなし(3勝1分)のラツィオをナポリが4-1で撃破した。

 ナポリの攻撃を牽引するのは“軽量3トップ”として最前線に並ぶ169僂離瓮襯謄鵐后178僂離ジェホン、163僂FWロレンツォ・インシーニェ。昨季は通算94得点(うち3トップで59得点)でリーグトップの攻撃力を発揮した。特にメルテンスは負傷したFWアルカディウシュ・ミリクの代役でトップに入り、リーグ戦28得点を決めて大ブレイク。2016年のベルギー年間最優秀選手にも選ばれた。

 メルテンスは現在6得点を決め、ナポリはリーグトップの19得点をマーク。ユベントスとともに開幕5連勝を達成し、現在首位に並んでいる。


●セリエA2017-18特集