「課題がたくさん見えた」単複ともに2回戦敗退の奈良 [東レPPO]

写真拡大 (全2枚)

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、奈良くるみ(安藤証券)は第9シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)に1-6 3-6で敗れた。

 ガルシアの強烈なサービスと強打に圧倒され、第1セットは第4ゲームをキープしするのが精一杯で、1-6で落とす。第2セットは2度ラブゲームでキープするなど意地を見せるが、2-5と追い込まれた。

 ここで迎えた相手のサービスを果敢に攻めて、奈良はラブゲームで初めてブレークに成功する。これで勢いに乗れるだろうと、有明コロシアムは大きな期待感に包まれた。しかし、自身のサービスゲームは30-40からマッチポイントをひとつしのぐが、続くサービスでダブルフォールト。ふたつ目のマッチポイントでもファーストサービスが入らず、セカンドをたたかれて力尽きた。

「自分のプレーをさせてもらえなかった。強打をしてくる相手は少し苦手で、高いボールを使ったけど、それが浅くなって相手に中へ入り込まれた。たくさんの課題が見えた試合だった」と奈良は敗戦を振り返った。

写真はダブルス2回戦で敗退した奈良/尾粼ペア

 その後、舞台をNo.1コートに移し、尾粼里紗(江崎グリコ)とのペアでダリア・ガブリロワ(オーストラリア)/ダリア・カサキナ(ロシア)ペアに挑んだ。第1セットは6ゲームが40-40にもつれる展開だったが、ノーアドバンテージの大事なポイントを5つも相手に奪われ、1-6で落とした。

 第2セットはキープ、ブレークで2-0と好スタートを切るが、ガブリロワに強烈なショットを次々に打ち込まれ、2-5と追い込まれる。そこから2ゲーム連取で粘りを見せたが、最後はガブリロワのサービスゲームをラブゲームで落とし、敗退した。

「相手は前衛の動きや、ニュートラルのラリーの中でストロークの質が高かった」と尾粼。それでも「日本の皆さんの応援が力になった。2人ともよい経験ができた」と"ホーム"での戦いの中で収穫を手にしたようだ。

 奈良は「相手との駆け引きなどダブルスの楽しさを感じられ、勝てる方法が見えたので、これからもやっていきたい」と語った。今大会の日本勢でただ一人、単複両方で1回戦を突破した奈良が大会から姿を消した。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式

※トップ写真は「東レPPO」ダブルス2回戦、シングルス2回戦で敗退して記者会見に臨む奈良