EXILE AKIRA、ニューヨーク開催の『RALPH LAUREN Fall 2017ファッションショー』出席

写真拡大

 EXILEのAKIRAが、ニューヨークのラルフ・ローレンのプライベートガレージで開催された『RALPH LAUREN Fall 2017ファッションショー』に出席した。

(関連:EXILE AKIRAが振り返る、10年間の歩みと躍進の理由「迷いのない自信は最強のエナジー」)  AKIRAは今年の2月に、アジア人として初めて「ラルフローレン」のアンバサダーに就任。3年前に自身がプロデュースした写真集内で、「ラルフローレン」を着こなすAKIRAを見たラルフ・ローレン氏が「彼はブランドの体現者だ」と称賛。その後ニューヨークのコレクションに招待され、対面したラルフ・ローレン氏から「AKIRAはアジアのジョニーデップだ」と絶賛を受けたという。

 今回のショーには、アカデミー女優のダイアン・キートンや、写真家のブルース・ウェーバーなどの顔ぶれが並ぶ中、AKIRAはアジア人代表として招待を受けた。ショーに参加したAKIRAは、「ラルフローレンの古き良きアメリカンスタイルを、今の時代にもあったアプローチで表現していきたい。そして、さまざまな活動やライフスタイルを通して、ラルフ氏の美学や信念を世の中にお届けできたら」と語った。(リアルサウンド編集部)