全てのプレー同様、攻撃そのものにも「ツボ」があり、これを押すことで確実に相手を苦しめることができる。メッシは今シーズン、写真のCLユベントス戦だけでなく、各試合で圧巻のプレーを披露している。 (C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

<守備を崩す>
 
 サッカーでは、そのような表現が用いられる。
 
 端的には、ペナルティーエリア内でシュートに入る態勢を作る、とも言い換えられるだろうか。相手DFの裏を取るかたちで、決定的なシュートに持ち込むまでのパス、ドリブルなどのプレーを指している。
 
 もっとも、守備を崩すというのは簡単なことではない。
 
 なぜなら、DF陣がボールを奪い取ろうと、手ぐすね引いて待ち構えているからだ。綻びが出た時のカバーについても、十分にトレーニングされている。たとえ、両チームのあいだに明確な実力的に差があったとしても、集中してポジションを取っている限り、ずたずたに守備陣が引き裂かれるケースは少ない。
 
 だからこそ、ポゼッションによる遅攻よりも、ボールを奪ってから即座に攻め入るカウンターが全盛を極めているのだろう。
 
 互角の相手を攻め崩す。それは、非常に難しい作業だと断言できる。
 
 これについては、世界最高レベルの攻撃力を誇るバルセロナが、ひとつの答えを与えてくれるかもしれない。
 
 バルサの個人能力は高いし、コンビネーションも十分に練られている。サイドを崩し、中央のマークをずらす――。そういう崩しには一日の長がある。そのパスワークは、想像を絶するものだ。
 
 しかしバルサといえども、完全に相手を崩せる機会にはそうそうめぐり合えないものである。
 
 そこで彼らが攻撃の要諦にしているのが、「『PASILLO INTERIOR』で自由を得る」ことである。
 
「PASILLO INTERIOR(パシージョ・インテリオール)」とはDFとMFの前を横切るスペースを指している。本来は「回廊」という意味だ。
 
 攻撃する側は、建物にある廊下に幾つもの部屋が並ぶなか、どこかで扉を開けようとする。この“扉”がDFに擬えられるだろうか。鍵がかかっていない、もしくは空きそうな部屋というのは必ずどこにあり、攻撃側はボールを動かすことでそれを見つけ出し、開けてみせるのだ。
 
 つまり、「PASILLO INTERIOR」に入って“作業”ができるようなら、扉を開けられる可能性は必然的に高くなる。
 今シーズンのチャンピオンズ・リーグ、ユベントス戦でバルサは、その真価を見せた。
 
 堅牢な守備に手を焼いていたが、まずアンドレス・イニエスタが先陣を切る。ドリブルで「PASILLO INTERIOR」に入り、そこを横切ることで攪乱し、ファウルを得る。FKからルイス・スアレスが際どいシュートを放ったが、これは防がれた。
 
 しかしこの後、リオネル・メッシが扉をこじ開ける。彼は前線のルイス・スアレスにボールを当てると、そのワンツーを「PASILLO INTERIOR」で受け、一瞬だがマークを外してシュート態勢を作り、左足を鋭く振って先制ゴールを挙げた。
 
 相手の人数は十分に足りていたが、「PASILLO INTERIOR」で自由を与えたら、人数に意味はない。シュートレンジであり、連係プレーも可能となるだけに、守る側は後手に回る。堀を埋められ、石垣を崩された城も同然となるのだ。
 
 バルサはメッシだけでなく、それぞれの選手が「PASILLO INTERIOR」にタイミング良く入り、そこにボールを入れ、コンビネーションを繰り出して、チャンスを広げようとしていた。
 
 それは、チームとしての共通理解である。「PASILLO INTERIOR」にボールを入れられれば、シュートまでいけなくても、ゴールに直結したプレーに繋がるのだ。
 
 もちろん、時機を捉えて「PASILLO INTERIOR」に侵入し、フィニッシュまで持ち込むには、相当な腕前が必要になる。しかし、それができたら、守備を一挙に無力化できる。いとも簡単に得点が奪えるのだ。
 
 攻撃は必ずしも、守備の全てを崩す必要はない。「PASILLO INTERIOR」にこそ、ゴールを巡る攻防があるのだ。
 
文:小宮 良之
 
【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『おれは最後に笑う』(東邦出版)など多数の書籍を出版しており、今年3月にはヘスス・スアレス氏との共著『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』(東邦出版)を上梓した。