奈良くるみ/尾里紗は準々決勝でガブリロワ/カサキナに敗退 [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のダブルス準々決勝で、奈良くるみ(安藤証券)/尾粼里紗(江崎グリコ)はダリア・ガブリロワ(オーストラリア)/ダリア・カサキナ(ロシア)に1-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間5分。

 奈良/尾粼は、今年の全仏オープン(フランス・パリ/クレーコート)以来となる3度目のダブルス出場。1回戦では第1シードのチャン・ハオチン/チャン・ユンジャン(ともに台湾)を7-6(8) 1-6 [11-13]で破る金星を挙げ、コンビ初勝利を飾っていた。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、尾粼が1回戦でシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)に2-6 6-7(5)で、奈良はこの日行われた2回戦で第9シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)に1-6 3-6で敗れていた。

 ガブリロワ/カサキナは準決勝で、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/レナタ・ボラコバ(チェコ)と対戦する。二宮/ボラコバは準々決勝で、第3シードのアリシア・ロソルスカ(ポーランド)/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)を7-5 1-6 [10-5]で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」(東京・有明テニスの森)のダブルス準々決勝で敗れた奈良くるみ(左)/尾粼里紗

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式