中国の李源潮国家副主席は20日、横路孝弘最高顧問(元衆院議長)率いる日本の民進党政治家訪中団と北京で会談した。写真は南京大虐殺記念館。

写真拡大

中国の李源潮国家副主席は20日、横路孝弘・民進党最高顧問(元衆院議長)率いる日本の民進党政治家訪中団と北京で会談した。人民日報が伝えた。

【その他の写真】

李氏は「習近平国家主席はG20ハンブルク・サミット出席時に安倍首相と会談して、中日関係の改善が従うべき原則と精神を強調し、両国関係発展の方向性を指し示した。日本側が中国側と同じ方向に向かい、両国関係が正しい方向に沿って発展するようさらに多くのプラスのエネルギーを凝集することを希望する」と述べた。

横路氏は「南京大虐殺記念館を見学して、平和が極めて大切であることを深く感じた。日本側は歴史を銘記し、責任を負い、未来に向かって日中関係を積極的に改善し、発展させるべきだ」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集NA)