リニューアルオープン記念テープカットに臨む飯豊まりえさん(左から3番目)

写真拡大

おしゃれなファッションアイテムを求めて、これまでも多くの女性が訪れてきたそごう千葉店の別館「オーロラモール ジュンヌ」が、9/15(金)に「そごう千葉店JUNNU(ジュンヌ)」として生まれ変わった!今回のリニューアルオープンでは、館のコンセプトを大きく一新。衣食だけでなく、ビューティサロンやクラフトショップ、スイーツが作れるアトリエや専門書店などが入った”体験型専門店館”となったのだ。

「ジュンヌには幼いころから通っていた」と飯豊まりえさん

リニューアルオープン記念テープカットには、千葉県出身の女優でモデルの飯豊まりえさんが登場。「子どものころから通っていたので、記念すべきイベントに参加できてうれしい」とにこやかに挨拶していた。

ジュンヌは地上4階、地下1階で、県内初登場の17店舗を含む60店舗が営業。特に大きく変わったのは1階〜3階。1階の旧流行発信ブランドフロアは、旬のファッションと食をメインとしたフロアとなり、スナイデルやジェラートピケをそろえるセレクトショップ「ライフストア Room903」や、千葉県初出店となるバルセロナ発のアートキャンディショップ「パパブブレ」などがお目見え。

また3階には、千葉県初の「Whip(ホイップ)」が登場。タブレット端末でレシピを見ながらセルフスタイルでスイーツ作りを楽しむアトリエで、色とりどりのスイーツの中から、自分がその日作りたいメニューをチョイスできる。なんと、予約や会員登録も不要!というお手軽さ。ショッピングの合間のちょっとした待ち時間などを利用して自分磨きを楽しめる。

館内には、スマホで気軽に撮影できる”シューティングギャラリー”を18か所新設。アートや季節の展示を撮影してSNSで発信する楽しみも。

買い物だけじゃない、自由で感性豊かなライフスタイルを提案してくれる「そごう千葉店ジュンヌ」。おしゃべり、ショッピング、グルメ、ビューティなどいろいろな楽しみ方ができるから、友達と、家族と一緒に訪れて、上質ライフを楽しもう!【ウォーカープラス編集部/水島彩恵】