好調の要因を語ったFW岡崎慎司

写真拡大

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が今季の好調の要因について語っている。英『レスター・マーキュリー』が岡崎のインタビュー内容を伝えた。

 岡崎は19日に行われたカラバオ杯3回戦のリバプール戦(2-0)で途中出場ながら1ゴール1アシストの活躍を見せ、4回戦進出に貢献。昨季は公式戦41試合で6得点にとどまった岡崎だが、今季は公式戦5戦3発とハイペースで得点を重ねている。

 この好調の秘訣について問われた岡崎は「僕は考え方を変えました」と説明。「僕の仕事は同じで、スタイルも変わらない。でもハードワークだけでなく、マイボールになった時によりボックス内へ進入できるよう試みています」と、今まで以上にゴールを意識したプレーを心がけていると語った。

 プレミアリーグ第1節のアーセナル戦(3-4)、第2節ブライトン戦(2-0)と開幕2戦連続ゴールを挙げ、先のリバプール戦でも勝利を導く活躍を見せた岡崎。ここまで“意識改革”はうまく行っていると言っていい。

「もっと得点を増やして、チームのパフォーマンスを向上させたいです」。さらなるゴール量産を目指す岡崎は「今季は良いスタートを切りました。自分とチームのためにこれを続けていきたいです」と意気込んだ。


●海外組ガイド

●プレミアリーグ2017-18特集