メガネ屋の前にあるアレ、実はけっこう安く買えるんです【超音波洗浄機3台比較】

写真拡大 (全12枚)

メガネ店の前に設置してある洗浄機。じつはアレ、超音波でメガネを洗浄するマシンなんですけど、腕時計のベルトや万年筆のペン先など、いろんなものを洗えるんです。さらに付け加えるならば、家庭用のコンパクト機も存在します。そこで、この便利さに目をつけた編集部が、3製品を比較してみました!


気兼ねなく思う存分洗浄!
眼鏡もアクセもCDも


超音波洗浄機のスゴイところは、眼鏡やアクセサリー、金属製の腕時計ベルトだけでなく、万年筆のペン先、カミソリ、ブラシ、マウスピース、VAPE(電子タバコ)など色々なものが洗浄できることです。

どうですか? お家にある、あれやこれを洗ってみたくなってきたでしょう?

そんなあなたにAmazonでも買える超音波洗浄機をご紹介します。自宅で手軽に洗えるのは本当に嬉しいですが、どれが使い勝手が良いのかはやはり使ってみないとわかりません。

ということで、売れ筋の超音波洗浄機3台を検証してまいりました!



眼鏡の片側レンズにファンデーションを塗った後、水だけと中性洗剤を使ってそれぞれ2分間洗浄して比較しました。

それでは検証の結果をどうぞ。


CDやDVDまで洗える!
使いやすさもダントツ



東芝
超音波洗浄機 MyFreshTKS-210
実勢価格:1万1100円


[評価はこちら]



水で洗浄する:汚れが落ちきっていません。もっと時間を掛ければ落ちそうです。
中性洗剤で洗浄する:少しだけ跡が残り曇って見えますが、だいぶ落ちました。

性能の評価はいずれの製品もほぼ横並びでしたが、こちらの製品の優れているのは3製品の中で唯一CDやDVDを洗うことが想定されていること。



(Amazonより)

アクセサリー専用カゴは3製品ともついていますが、本製品には他にはないCD/DVDスタンドがついているのです。これは便利。だからまんまるな形なんですね。



そして使い勝手の面でも一歩リード!

コードがついた本体から中の洗浄槽が外せるので、洗浄した水を捨てやすいです。また、コードやフタが閉まってイライラしたりしないので水を入れる時ももちろん入れやすい。こういう便利さは結構重要です。

なお、東芝のMyFreshTKS-210は、ここ半年で在庫が少なくなっていて価格が高騰しているので、買うならお早めに。


キレイにはなるけど
コードもフタも邪魔



シチズン
超音波洗浄機 SW5800
実勢価格:3545円


[評価はこちら]



水で洗浄する:こちらもひと目見てわかるほど汚れが落ちきっていません
中性洗剤で洗浄する:かなりキレイに落ちました

洗浄力は素晴らしいのですが、使っていると気になった点がいくつかありました。



水を捨てる時、本体ごと傾ける必要があるのでコードが邪魔に感じました。また、フタもパタンと閉じてきたりして、使い勝手は東芝に一歩譲ります。

しかし、現在の価格面を考慮に入れるなら購入検討の余地もあり。キレイになることは間違いありませんし、ちょっとくらい不便でもいい、という方におすすめです。


タイマーが3分固定
モノによっては洗えない



ツインバード
超音波洗浄機 ホワイト EC-4518W
実勢価格:3416円


[評価はこちら]



水で洗浄する:結構ファンデーションが残りました
中性洗剤で洗浄する:薄っすらとファンデーションが残っています



他2台は洗浄時間が5段階で選べますが、こちらだけ3分間固定。数秒おきにかけて、やりすぎて傷になったりしないか様子を見ながら使いたいときは不便です。

実際に使ってみると、汚れがモヤのように浮き出てくるので面白いです。面白すぎて、他に洗えるものはないか探したくなります。アイデア次第で様々なものをツヤピカにできますが、くれぐれも「水に弱い」製品を洗ったりしないよう、ご注意ください。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。