バカリズムvsよゐこ有野、芸能人ゲーマー対決が実現

写真拡大

CS放送フジテレビONEスポーツ・バラエティおよびフジテレビONEsmartで放送・配信中のゲーム番組『いいすぽ!』と同局の看板番組『ゲームセンターCX』が、11月18日(土)、19日(日)にフジテレビ社屋で開催される「Tokyo E-sports Festival」で、コラボレーションイベントを実施することがわかった。

「Tokyo E-sports Festival」は、フジテレビに2つの大会会場と複数の展示ブースを設置し、各ゲームメーカー協力のもと、最大で6大会が開催される予定。さらに屋外には、フジテレビの夏イベントと同様のステージが設置され、ゲーム好きタレントによるトークショーやアイドルの生ライブが無料で楽しむことができる。

そして番組のコラボイベントでは、ゲーマーとしても名高い『いいすぽ!』MCのバカリズムと、『ゲームセンターCX』でおなじみの有野課長(よゐこ・有野晋哉)が複数の対戦型ゲームで激突する“芸能界ゲーマー世紀の一戦”が実現。ゲーム内容は互いに公平を期すため当日までヒミツで、敗者はノーギャラで相手側の番組に出演し、勝者側の気分次第で決められる禁断の罰ゲームに挑むことになる。この対戦は、11月18日(土)夕方、フジテレビオフィスタワー1階の特設ステージで開催される予定で、詳細は後日発表される。

そのほかイベントでは、全国大会が開催される2作品『実況パワフルプロ野球2017』と『パワプロチャンピオンシップス2017』の東京大会を開催。関東を中心に凄腕プレーヤーが出場する大会の一部の模様を、フジテレビONEで生中継。さらに全体をまとめた番組が後日放送される予定だ。

昨今、ゲーム対戦は“e-Sports(electronic sports)”と呼ばれ、海外では1億円以上を稼ぐプロプレーヤーも多数存在するなど、ティーンエイジャーたちのなりたい職業ランキングにもランクインするなど注目を集めている。一方で、プロレベルに限らず、カジュアルな形での大会も多く開かれており、毎年9月の「東京ゲームショウ」や2月の「闘会議」でも、参加資格を問わない形の大会が開かれ人気を博している。