ロンドン市内でインタビューに応じる米デザイナーのトミー ヒルフィガー。2017年9月19日に米国以外で初となるファッションショーを開催。英国の音楽シーンから着想を得たコレクションを発表した。(2017年9月18日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】デザイナーのトミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)が20日、英ロンドン(London)で開催されていた18年春夏ロンドンコレクションのトリを飾った。同ブランドが米国以外でファッションショーを開催するのは初めて。大いに期待された「トミー ヒルフィガー」の2018年春夏コレクションはまるでロックサーカスの世界。シックなスポーツウェアを提案し、脚光を集めた。

 66歳のアメリカ人デザイナーであるヒルフィガーは、昨年66億ドル(約7,434億2,400万円)を売り上げたファッション帝国の王だ。今回はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)やピンク・フロイド(Pink Floyd)、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)といった伝説的ミュージシャンらがコンサートを行ったことでも知られるアートスペース「ラウンドハウス(Roundhouse)」を会場に選んだ。

■ジジ&ベラ姉妹もそろって登場

 1,000人以上のゲストが「ロックサーカス」という垂れ幕のもと、響き渡る音楽に合わせて歩く64人のモデルたちを見守った。頭上の巨大な円形のスクリーンにはショーイメージが投影される演出も。まずオープニングに登場したのは、ブランドのコラボレーターでもあるモデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)。太ももまである黒いソックスに、ダメージデニムのショートパンツ、フルレングスのモヘアコートを黒いセーターの上に羽織っていた。「ジジは我々の『ジジ・トミーコレクション(Gigi Tommy Collection)』のデザインに深く関わっている。多くのアイデアは彼女のスタイルからきている」と、ヒルフィガーはショーの夜、AFPの取材に答えた。このコラボレーションは、インスタグラム(Instagram)で3600万人近くのフォロワーを持つ彼女の力により、ブランドのオンラインにおける存在もアピールするとみられる。

 ジジに続き、彼女の妹であるベラ・ハディッド(Bella Hadid)も、銀色のスパンコールを丸くあしらったフード付きの黒いフリースドレスを着用してキャットウォークに登場した。

 レザーのバイカージャケットにはジッパー付きの長い袖がついており、レザーパンツと合わせたアニマルプリントはロックミュージック風のテイストを加えていた。英国の地でのショーということで、ヒルフィガーはスコットランドの遺産であるタータンチェックを取り入れている。中には、キラキラ光る「H」のイニシャルと星をフィーチャーした、伝統的なキルトよりかなり短い丈のミニスカートもあった。

■「see now, buy now」の先を見据えた施策

 今回のショーは、バンドツアーに似たキャットウォークの巡業「トミー・ナウ(TOMMYNOW)」の3度目のプレゼンテーションとなった。昨年は母国のニューヨーク(New York)、そして2月にロサンゼルス(Los Angeles)で行われた、この贅沢で莫大な費用をかけたアイデアは、すでに成功を証明している。ヒルフィガーは、過去数シーズンで広がりつつある「シー・ナウ・バイ・ナウ(see now, buy now)」の即時販売形式を取り入れることで利益を生んでおり、このトレンドは今後も続くと確信している。 彼はこのアイデアをさらに発展させ、ゲストがモデルの写真を取れば、そのモデルが着用している服を即座に購入できるアプリを制作した。「人はランウェイなどで何かクールなものを見つけたら、それを次の日には着たいと願う。とくに若い人たちは、ランウェイで見たものを半年も待って購入したいとは思わない」と語る。ヒルフィガーはデジタル時代と、それと一緒に流行したSNSでの宣伝効果を、逆行できないトレンドであり、つかむべき好機だと見据えている。「私たちは前へ進んでいかなくてはいけないし、それに喜んで応じていかなくてはいけないと思う」

 ヒルフィガー以外にロンドン・ファッションウィークに登場したビッグネームは、17日にショーを行った「ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)」だ。この両者の参加は、大胆な若手デザイナーたちでよく知られるが、「バーバリー(Burberry)」以外の有名ブランドの参加が乏しくなりがちな英国のファッションシーンを後押しした。才能ある人々のフライトへの恐怖を駆り立て、英国の首都の少なからぬ経済不安を他国に暴く形となった、欧州連合(EU)からの英国の離脱(ブレグジット、Brexit)の観点から、彼らの存在は特に歓迎された。
【翻訳編集】AFPBB News