9月17日、静岡・エコパスタジアム。彼はJリーグに帰ってきた。J1リーグ第26節、ジュビロ磐田対浦和レッズの一戦、終盤の84分だった。

「気負いはない」

 緊張は感じなかった。アップの時間が予想以上に長かったのもあったが、なにより、ドイツで厳しい戦いを生き抜いてきたという自負があった。人になんと言われようと、3年間の挑戦にひとつも悔いはない。

「行ってこい」

 名波浩監督に背中を叩かれ、「はい」と答えて自分に気合を入れた。そこでふと、気づく。振り返ってコーチに聞いた。

「どのポジションに入ればいいんですか?」

 山田大記(ひろき)は中村俊輔と交代で、3年ぶりにJリーグに復帰した。


浦和レッズ戦で3年ぶりにJの舞台に復帰した山田大記(ジュビロ磐田)

 山田は2014年7月から3シーズン、ドイツ2部のカールスルーエで過ごしている。2013年に日本代表に入ったが、ブラジルワールドカップ出場を逃していたこともあるだろう。「自分が試合に出られないような」ヒリヒリする感覚を求めての海外挑戦だった。

「ドイツに渡ってから、プロに入って初めて”自分のミスじゃないのにボールを取られる”というのが練習からあって。向こうは足ではなく、体ごとボディコンタクトしてくるんで、ガチャンと取られてしまう。間合いというか、スピード感覚というか、まるで違いました。特にスピードは、Jリーグではそれなりに自信があったんです。でも、あっちは1対2でも勝てるのが真のドリブラーで。1人目がバランスを崩すように当たってきて、2人目が必ずカバー。あの厳しさは、行かなきゃわからないところはありますね」

 山田は1年目から左MFとしてレギュラーの座をつかみとり、1部昇格入れ替え戦に出場したものの、最後の最後で涙をのんだ。

「でも、ああやっていれば、こうやっていれば、というのは、自分は不思議とないんですよ」

 山田は快活な表情で言った。

「相手のハンブルガーは(クラブ史上)一度も落ちたことがなかったので、アウェーでは本当に殺気立っていました。身の危険を感じるというか。そこでの戦いは人生で一番震えましたね」

 ドイツで刺激的な日々を過ごしていたが、3年目にクラブは4回監督が交代するという乱調に陥り、3部降格が決まって選択を迫られることになった。

 では、なぜJリーグに戻ってきたのか?

 その答えは結局のところ、「最も必要とされ、巣立ったクラブが磐田だった」というものに落ち着くのだろう。実はドイツとスペインの2部のクラブとは8月末まで交渉を続けていた。クロアチアの1部リーグのクラブからのオファーもあった。さらにJリーグの複数のクラブから打診を受け、なかには破格の条件を提示してきたチームもあった。海外挑戦に後ろ髪を引かれつつも折り合わず、「最後まで自分を待っていてくれた」磐田に感謝し、戻る決断を下した。

「移籍を迷う中で、あらためて自分と向き合う期間になって、いろいろ考えました。結果、戻ってくることになったけど、どこにいても、自分に厳しくできるかというプロの基準を大事にしたい。若手だった頃の自分は、まだ甘かったと思いますから。いまは結果で証明するしかないですね」

 見える景色は確実に変わった。例えば磐田での練習試合。相手の攻撃を受けたとき、味方のボランチが相手と同数にもかかわらず、サイドに釣り出されそうになった。

「待て」

 何気ない戦術的な指示が出せるようになった。ボランチが不用意に外へ動けば、ボールを奪えたとしても中が数的不利になる。それは失点に直結する。その状況判断が瞬時にできるようになった。

「ピッチでどこに立つべきか?」

 ドイツでは監督から、チームメイトからしつこく求められた。例えばセカンドボールで立ち位置が「2メートル遠い、ボールを取れているがそれは偶然で、ポジションが違う」などと、試合後のミーティングでは厳格な指摘があった。サッカーにはセオリーがあって、そこを突き詰めないと勝てないのだ。

 磐田での練習中に、チームメイトからは「山田さん、(攻守の)切り替え、めっちゃ速いっすね」と驚かれる。しかし、特別なことをしているつもりはない。一日一日が勝負、と挑んできた日々を忘れず、道を切り開いていくだけだ。

「磐田では、ポジションは与えられたらどこでもやりますよ。トップ下でも、サイドハーフでも、ウィングバックでも。ドイツでは3年目はボランチでしたし、日本代表を考えると、それもありなのかなとか」

 当面は出場時間を増やしながら、12月の東アジア選手権での代表入りが目標のひとつになるだろうか。

 浦和との復帰戦、山田は短いパス交換から1本のシュートを放っている。これは相手にブロックされた。切り返してもよかったと思うが、逡巡はなかった。

「今はとにかくゴールが欲しい。身につけたスピード感覚を持ち続けて。練習からいきますよ!」

 山田大記がリスタートを切った。

■Jリーグ 記事一覧>>