9月19日に発表されたトヨタの新スポーツバージョンの「GR」は、モータースポーツでの「戦闘力」を最大限に引き出すためのデザインが施されているそうです。

「GR」の前身となる「G SPORTS(G’s)」第1弾は、2010年にヴォクシーとノアに設定され、2016年には2代目にスイッチしています。

新生「GR」の第1弾となるラインナップにもヴォクシー・ノアが含まれていて、ホワイト塗装+GRロゴ入りのブレーキキャリパー、専用エンブレム(全車:前後/サイド)を専用装備。

専用スポーティシート(GRロゴ入り)やドアトリム、フロントシートなどに専用加飾やシルバーステッチが施され、GR専用スタートスイッチが配置されたスポーティな内装も見どころです。

さらに、ヴォクシー、ノアともに専用チューニングサスペンション、ブレース追加 、専用メーター(GRロゴ付) 、アルミペダル 、小径ステアリングホイール、本革巻きシフトノブ(ディンプル+シルバーステッチ)というアイテムが追加されます。

ボディカラーはヴォクシーが「ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)」、「シルバーメタリック」、「ブラック」、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプション)」、「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク(メーカーオプション)」の5色。ノアが「ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)」、「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(メーカーオプション)」、「シルバーメタリック」、「ブラック」、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプション)」の計5色。

価格はヴォクシーの「ZS GR SPORT」が3,257,280円、ノアの「Si GR SPORT」が3,257,280円。エンジンは2.0Lガソリンで、7人乗り、2WDのみの設定になります。

(塚田勝弘)

「G’s」第1弾だったヴォクシー&ノアは、新スポーツバージョン「GR」でも第1弾にラインナップ(http://clicccar.com/2017/09/21/512914/)