ソーとハルクが共演するまでの経緯が明らかに 『マイティ・ソー バトルロイヤル』メッセージ映像

写真拡大

 マーベル・スタジオ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』より、クリス・ヘムズワースとマーク・ラファロから日本のファンに向けてのメッセージ映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、ヘムズワースが主演を務める『マイティ・ソー』シリーズ最新作にして、『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』へとつながるSFアクション。アベンジャーズの一員ソーが、復讐と野望に燃える“死の女神・ヘラ”を倒すために、盟友ハルク、宿敵ロキらとともにチーム“リベンジャーズ”を組んでバトルに挑む模様を描く。

 このたび公開されたメッセージ映像には、ハルク/ブルース・バナー役のラファロの問いかけにソー役のヘムズワースが「ソーソー(thor-thor)」や「ソー(thor)だよ」という相槌でボケる姿が収められている。

 『アベンジャーズ』シリーズからの長い付き合いである2人。ヘムズワースは今回のソーとハルクの関係について「ハルクが、アベンジャーズメンバーに対してどう反応するかは、いつも予測不可能だ。時々、ハルクは相手が誰だか忘れて、壊したり叩いたりする。また別の時には、ハルクはアベンジャーズメンバーをものすごく明確に理解していたりするんだ。この作品では後者で、僕とハルクの関係は、一歩先に進められて、これまでにないほど細かく描くことができた。今まで、ソーとハルクは戦ったことがあるだけで、お互いに話したことさえなかったんだよ」と語った。

 一方、『マイティ・ソー』作品に出演することになったラファロは「とても驚いたし、うれしかったよ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を終えた頃、ケヴィン・ファイギが僕に電話してきたんだ。『エイジ・オブ・ウルトロン』の撮影の時、クリスと僕はとてもよく気が合って、とても楽しかったんだ。今作に出ることになったのは、プレス・ジャンケット(プレス向けインタビュー取材)から生まれてきたことなんだよ。クリスと僕はペアで取材を受けたんだ。スタッフや皆、僕たちが一緒にいるとすごく可笑しいから、一緒に映画をやるべきだと思ったんだよ」と本作の製作のきっかけを明かし、さらに「それで、制作陣がクリスに『マイティ・ソー』の3作目をやりたいかどうか、そしてどういう映画にしたいか聞いた時、彼は僕と一緒に仕事をしたいと、バナー/ハルクとソーが一緒になるのは素晴らしいだろうと言って、それが今作の始まりになったんだ。僕はとても興奮したよ」とソーとハルクの共演は、主演のヘムズワースの一言がきっかけであったことも話している。(リアルサウンド編集部)