「こんなキレイな縫製はまれ」とプロ大絶賛の付録とは…女性誌9月号付録辛口ランキング

写真拡大 (全40枚)

今月も女性誌の人気付録ランキングをご紹介。今回は2017年8・9月号の10誌の月刊誌を集めて徹底比較。いつも辛口の合皮素材に異変が起こり、特に黒の合皮が軒並み高評価。レベルの高い争いを繰り広げています!


合計10誌の付録を徹底比較
いつも辛口の合皮素材に異変!?


今回のテストでは、計10点を検証しました。そのうち、なんと合皮素材の付録が8個も登場! テストでは、以下の4点で検証し、5段階で評価しました。


・縫製(強度、仕上がり)
・使いやすさ
・コストパフォーマンス
・素材

チェックしてくださったのは、バッグアーティストスクール「レプレ」の皆さんです。



レプレ東京校
学長
寺内純子さん(写真左)
レプレ東京校で10年に渡って指導しており、経営にも携わっていらっしゃいます。

レプレ東京校
上級コース講師
石丸真紀さん(写真中央)
表現力を培うための、オリジナルバッグを作る授業を担当されています。

レプレ東京校
初級コース講師
神崎智子さん(写真右)
型紙や道具の使い方などのバッグの基礎となる部分を担当されています。


今回の検証は合皮素材の戦いとなりました。8個のうち、黒レザーとレザー巾着が3個ずつ出ていますが、結果は黒レザートリオの圧勝! いつも辛口の合皮素材に何が起こったのでしょうか? それではいよいよランキングの発表です。


【1位】付録に見えない存在感!
『Sweet』のスタッズつき2WAYバッグ


1位を獲得したのは、宝島社『Sweet』8月号の「MERCURYDUO スーパー洒落てる! スタッズつき 2WAYバッグ」でした。「合皮素材の付録でここまで縫製がキレイなのは稀」とプロに言わしめるほどの完成度の高さ。合皮の素材感は付録に見えません。



さらに合皮の上質さとスタッズのデザインのバランスが絶妙で、高見せ効果も抜群。ブランド名の刻印も箔を底上げしています。



宝島社
Sweet 8月号
MERCURYDUO
スーパー洒落てる!スタッズつき 2WAYバッグ
880円

<評価> A
縫製:4.5
使いやすさ:4
コスパ:4
素材:4



既製品のような上質な持ち手がナンバーワンのポイントでした!


付録だと強度や素材に問題が多い持ち手も、こちらは芯材がしっかり入って上質。縫製もほぼ完ぺきな仕上がりです!



細かい縫製だって抜かりありません! ショルダーストラップの金具を留める1センチほどの小さな縫い目も、キレイな四角ステッチでゆがみなし!


【2位】このクオリティは並みじゃない!『mini』の上質レザー調三つ折り財布


2位は、宝島社『mini』9月号の「フリークス ストア特製 クラシックミッキー 上質レザー調三つ折り財布」でした。合皮は『Sweet』と似た素材でこちらも上質。収納力もかなりあります。



(C)Disney


縫製も細部1つ1つまで美しく、文句ナシのクオリティです。ミッキーがプリントでなく刺繍だったら、より豪華で1位になった可能性大!



宝島社
mini 9月号
フリークス ストア特製 
クラシックミッキー 上質レザー調三つ折り財布
780円

<評価>A
縫製:4
使いやすさ:4
コスパ:4
素材:3.5



取り出しやすいボックス型小銭入れで、カードも3枚入ります。「縫製は細部までキレイな仕上がりです」と講師陣からも高評価!


【3位】マスカラつき!
『&ROSY』の美人マルチポーチ


3位に選ばれたのは、宝島社『&ROSY』 9月号の「ヴェルニカ. エコレザー 美人マルチポーチ アンファー スカルプD ボーテ ピュアフリー マスカラ(ブラック)」でした。



ポーチの合皮は『Sweet』『mini』と似た上質素材。さらにマスカラつきで、コスパの評価がアップ!



宝島社
&ROSY 9月号
ヴェルニカ.
エコレザー美人マルチポーチ
アンファー スカルプD ボーテ
ピュアフリー マスカラ(ブラック)
890円
<評価>B+



裏地の花柄も存在感があります。


【3位】セットでお得!
『steady.』のHappy収納セット


同じく3位に選ばれたのは、宝島社『steady.』9月号の「ナノ・ユニバース特製 ムーミン&リトルミイの大人可愛いHappy収納セット」でした。



ポーチはキュートなリトルミイのチャーム付き。付属トレーもセットでお得です。



宝島社
steady 9月号
ナノ・ユニバース特製
ムーミン&リトルミイの大人可愛いHappy収納セット
860円
<評価>B+



『&ROSY』と比較をすると裏地ナシなのが残念! でも、縫製や合皮の素材感などは問題ありません。


【5位】ペンケースにしても〇
『美人百科』のマルチブラシケース


5位は、角川春樹事務所『美人百科』8月号の「ジルスチュアート マルチブラシケース」でした。



形が崩れにくい頑丈なつくりがポイントで、筆記用具やメガネを入れるのもアリです。



角川春樹事務所
美人百花 8月号
ジルスチュアートマルチブラシケース
780円
<評価>B



中にはブラシを収納するためのホルダーがついています。


【6位】ヒョウ柄がオシャレ
『otona MUSE』の巾着バッグ


6位は、宝島社『otona MUSE』の「BEAMS ヒョウ柄巾着バッグ」でした。



開封時は底面がゆがんでいましたが、重石などで一晩置けば修正可能です。



宝島社
otona MUSE 9月号
BEAMSヒョウ柄巾着バッグ
890円
<評価>B



巾着のひもにストッパーがなく、絞めるときに結ぶ必要があるなど、開け閉めがやや面倒なのがマイナスポイントです。


【6位】白が可愛い
『SPRiNG』の巾着バッグ


同じく6位だったのは、宝島社『SPRiNG』の「アダム エ ロペ 白が可愛い巾着バッグ」でした。



『otona MUSE』と比べて、こちらはひもにストッパーがあるので開閉がしやすく、底がスクエア型なので、型崩れも防げます。



宝島社
SPRiNG 9月号
アダム エ ロペ
白が可愛い巾着バッグ
860円
<評価>B



ただし、持ち手が異様に短く腕に通して持ちにくいのが残念なポイントです。


【6位】水辺で活躍しそう
『CanCam』のナップザック


同じく6位だったのは、小学館『CanCam』9月号の「FILA × CanCam しゃかしゃか ナップザック」でした。



水辺で活躍しそうなポリエステルナップザックで、長めのひもでゆるっと持つイメージです。



小学館
CanCam 9月号
FILA × CanCam
しゃかしゃか ナップザック
750円
<評価>B



季節限定で使い倒すならアリです。でも、裏側の縫製がゆがんでいたのが惜しい!


【9位】丸底のゆがみが残念
『リンネル』の巾着バッグ


9位だったのは、宝島社『リンネル』9月号の「ジャーナル スタンダード レリューム おしゃれ格上げ巾着バッグ」でした。



生地の硬さのせいか縫製にゆがみが目立ち、今回のラインナップでは下位という結果に。合皮のニオイも気になりました。



宝島社
リンネル 9月号
ジャーナル スタンダード レリューム
おしゃれ格上げ巾着バッグ
880円
<評価>B-



丸底の形そのものに大きなゆがみが。残念ながら、このゆがみは修正不可能です。


【ワースト】使い捨てと割り切るならアリ『ゼクシィ首都圏版』のスリッパ&ポーチ


今回テストした中で最も残念だったのは、リクルート『ゼクシィ首都圏版』9月号の「キス舞いすぎる! スリッパ&ポーチ大小」でした。



強度に不安を感じる大きな縫い目と、微妙なサイズ感で評価を下げる結果に。使い捨てと割り切るならアリです。



リクルート
ゼクシィ首都圏版 9月号
Maison de FLEUR
キス舞いすぎる!スリッパ&ポーチ大小
500円



縫い目はかなり大きく、雑に使ったらすぐにほつれそう。裏地などもないので、全体の強度に不安を感じるつくりです。



付属のスリッパを小サイズのポーチに入れると、微妙にはみ出すのが残念。もう少し高さがあれば、すっぽり収納できたはずです。


【おまけ】9月号の服飾系付録は
どちらも買いでした!


今回の服飾系付録は2つ。着回ししやすそうなタンクトップと、縫い目のないはき口で足にフィットするフットカバー、どちらも優秀です。



着回ししやすそうなデザインが◎
『GINGER』の2WAY タンクトップ

『GINGER』9月号の「GALLARDAGALANTE Vネック&ラウンドネック 前後2way タンクトップ」は、前と後ろでVネックとラウンドネックが楽しめる2WAY。シンプルなデザインは着回ししやく使い勝手がよさそうです。



汎用性のあるデザインです。



後ろのデザインはこんな感じです。



幻冬舎
GINGER 9月号
GALLARDAGALANTEV
ネック&ラウンドネック
前後2way タンクトップ
750円



縫い目のない履き口で足にフィット
『MORE』のらくちんフットカバー

集英社『MORE』の「17℃ by ブロンドール らくちんフットカバー」は伸縮性のあるナイロン素材で履き心地も◎。縫製と素材の強度も問題ありません。



「集英社文庫『よまにゃ』マスキングテープ」もキュート!



集英社
MORE 9月号
17℃ by ブロンドール
らくちんフットカバー
集英社文庫『よまにゃ』
マスキングテープ
730円



かかと部分に滑り止めがあります。しっかり固定され、脱げにくい設計になっています。



黒レザーvsレザー巾着の争いとなった今回の女性誌付録ランキング。結果は黒レザートリオの圧勝でした。実は今回3つとも「サフィアーノレザー調」という合皮を使用し、素材のチープ感を軽減。一方巾着トリオは、うち2つが付録として折りたたまれた結果、型崩れを起こしていました。付録の宿命である折りたたみによる型崩れをどう防ぐか? 今後付録の重要な課題となりそうです。

10月号の女性誌は、バッグ付録は珍しい『eclat』をはじめ、『大人のおしゃれ手帖』『InRed』などでトートバッグが続々登場! 多種多様なトートの評価はいかに!? 次回のランキングもご期待くださいね。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。