サモエドとスピッツの違い

サモエドとスピッツは見た目がよく似ていますが、大きさが全く異なるというはっきりとした違いがあります。サモエドは大型犬なので平均体重がオスは20kgから30kg、メスでも20kg前後はあるので、見た目にも大きいという印象が強いです。

その点、一般的な日本スピッツは中型犬に属し、10kgに満たないくらいが平均なので、並べて見ると体の大きさでサモエドかスピッツかを一目瞭然で判断する事ができます。

サモエドとスピッツはどちらも鼻先が長く、ピンと立っている短い耳、そしてふさふさのたっぷりとした毛に全身覆われています。但し、この毛の色にサモエドと日本スピッツの違いが若干見られ、サモエドの毛色はホワイトかクリームの2種類がありますが、スピッツはホワイトのみとなっています。スピッツに似ていても、ホワイトで無いのであれば日本スピッツとは認められていません。

サモエドとスピッツは、体型にも違いがあります。シベリアでそりを引いたり狩りをしていたりした犬種であるサモエドは、足が太くて頑丈です。それに比べてスピッツは、室内犬として改良されていて手足が細いので、脱臼などに注意してやる必要があります。

このように、サモエドとスピッツは見た目がそっくりな犬種ではありますが、違いがいくつもあるのです。

サモエドとスピッツが似ている理由

サモエドとスピッツは見た目がよく似ているので、何らかの関わりがあると言われています。ただ、この説は残念ながらはっきりとしたものでは無く、推測の上での説となります。

日本の一般的なスピッツは、色々な犬種とかけ合わせて品種改良されていますが、その犬種の中にサモエドがいると言われています。スピッツの元々の祖先はシベリアのジャーマン・スピッツだとされていますが、そのジャーマン・スピッツとサモエドの交配があったと推測されています。

この推測には確かな証拠があるわけでは無いのですが、多くの専門家の目から見て言われている説なので、かなり信憑性が高いと言えるでしょう。今後、新しくサモエドとスピッツの関係がわかるかもしれませんね。

サモエドとスピッツの性格の違い

サモエドとスピッツは見た目が似ていますが、性格も似ているのでしょうか。

サモエドの性格は温厚で人懐っこいという特徴があります。人間に対して従順でおとなしく、飼い主の喜ぶ顔が大好きです。お散歩中にすれ違う人や犬に対して威嚇してみたり、吠えたりという事が殆ど無い犬であるという点でも、初心者でも飼育しやすく、小さなお子さんのいる家庭でも安心して飼う事ができます。

スピッツの性格は、よく吠える性質を持っているという事があまりにも有名ですが、昨今は品種改良が進んだため、かつてのような無駄吠え体質のスピッツが少なくなりました。好奇心が旺盛で、人に甘えるのが大好きなので人に慣れるのがとても早く、温厚な性格も特徴です。動きも機敏で不審な物音に反応してくれるので、自宅で飼う際には番犬としての役割も担ってくれます。

サモエドもスピッツも、温厚で人懐こい点は似ていますが、決定的な違いは縄張り意識の強さです。どんな人にもフレンドリーに接する事ができるサモエドとは逆に、スピッツは自分の場所に他人が侵入して来るのを拒む性質を持っています。

スピッツは番犬向けではありますが、うまくしつけができないと来客のたびに吠える犬になってしまうので、子犬の頃から教え込んでいく必要のある犬種です。

サモエドとスピッツの性格だけ比べると、飼育がしやすいのはサモエドであると言えるでしょう。

サモエドとスピッツの被毛のお手入れ

サモエドとスピッツは、どちらもオーバーコートとアンダーコートの二層で全身が覆われている、ダブルコートと呼ばれる被毛なので、飼育する場合は抜け毛対策を考えておかなくてはなりません。特に毛の生え変わる春や秋の換毛期には、ごっそり抜ける事でも知られています。

サモエドやスピッツを上手に飼育していくには、抜け毛対策はかなり重要なポイントとなるので、専用のブラシや、室内で舞っている毛をしっかり吸ってくれるような空気清浄機などを用意しておくことがおすすめです。

サモエドはブラッシングをされるときに、比較的大人しくしていられる犬種ですが、スピッツはブラッシングを嫌がる傾向にあります。子犬の頃からブラッシングを嫌がらないように、きちんとしつけをしておかないと、成犬になった時に大変になるという事を覚えておきましょう。

とはいえ、スピッツの抜け毛の量に比べると、体が大きい分、サモエドの抜け毛は相当なものです。家族にアレルギーの心配を持っている場合は、そのことも含めて考える必要があります。

また、サモエドもスピッツも絡まりやすい毛質なので、毎日念入りにブラッシングをして、トリミングも定期的に行う必要があります。サモエドもスピッツも、毛のお手入れに時間や費用が掛かるという点を考慮して、飼う事を検討してください。

サモエドとスピッツの違いに関するまとめ

見た目がそっくりなサモエドとスピッツは、スピッツの品種改良にサモエドが関わっている可能性が高いという説が有力なようです。また、サモエドとスピッツの性格は似ているようで違いがあり、サモエドに比べてスピッツは、子犬の時からのしつけが重要になると言えます。サモエドとスピッツは抜け毛が多い犬種の為、どちらを飼うにしても抜け毛対策をしっかり行うことが必要です。