オーストラリアンケルピーってどんな犬?

オーストラリアンケルピーはオーストラリアを原産とする犬で、その名前はスコットランドの伝説の水の精「ケルピー」に由来すると言います。残念ながらはっきりしたことは分かっていないそうですが、19世紀、スコットランド人はオーストラリアに入植する時に牧羊犬を持ち込みます。その持ち込んだコリーなどの牧羊犬とオーストラリアの野生犬ディンゴが交配を重ね、オーストラリアンケルピーが生まれたという説があります。

1872年にオーストラリアの牧羊犬競技会で、オーストラリアンケルピーが優勝すると一気に注目が集まります。現在、オーストラリアでは10万頭以上のオーストラリアンケルピーが登録され、牧羊犬や家庭犬、ショードッグとして飼育されているといいます。

面白いことにオーストラリアンケルピーは牧羊犬としての血統と、ショードッグの血統に分かれて登録されました。この二つは犬種としての基本的な条件は同じですが、それぞれ標準とされている体型や毛質などが異なっています。これは作業犬の血統に、外見と性質を重視して繁殖されたショードッグの血統が入ることでその作業能力が落ちないようにと考えて、1965年にスタートした試みだそうです。

オーストラリアンケルピーはこのように二つのタイプがあることから、イギリスやカナダ、日本などでは犬種として認定されていますが、アメリカのAKCでは認定されていません。

オーストラリアンケルピーの姿は?

このように、オーストラリアンケルピーには二つの血統があり、働くことを目的とした血統は「ワーキングケルピー」、ショーに出場することを目的にした血統を「ショーケルピー」と呼びます。どちらの血統のオーストラリアンケルピーにも共通するのは、三角の立ち耳で被毛が短毛のダブルコートでつやがあり柔らか。そして、その姿形は中型犬で体高はオスが46〜51cm、メスが43〜48cm、体重は11〜20kgです。体高より体長がわずかに長く、筋肉質で引き締まった体としなやかな四肢をしています。額と鼻のつなぎ目の部分(ストップ)ははっきりし、長く垂れた尻尾が特徴です。

オーストラリアンケルピーの被毛の色

ショーケルピーは以下の色に限定されています。

レッド、レッド&タンブラック、ブラック&タンフォーン、チョコレートスモークブルー

なお、ワーキングケルピーの場合は、あらゆる毛色が認められています。

オーストラリアンケルピーの性格は?

牧羊犬の中でも、賢さと抜群の運動能力で羊たちを巧みに導くオーストラリアンケルピー。歩く姿も軽快で、持久力もあり、走っていてもスピードを一瞬で変化させることができるほどの運動能力です。

この能力はワーキングケルピーだけが持っているのではなく、ショーケルピーにも備わっています。どちらのタイプのオーストラリアンケルピーも大変賢く、活発で俊敏、そして判断力と服従心が強く疲れ知らず。仕事を与えられれば喜んでこなします。

外見に似合わず、オーストラリアンケルピーは用心深く、穏やかで争いを好みません。しかし、家族や仲間以外は距離を置く傾向があるので、普段はおとなしくても見知らぬ人や犬には警戒心を顕にして吠えることもあるようです。

同じオーストラリアンケルピーでも、どちらかと言えばショーケルピーの方がワーキングケルピーに比べて性格も穏やかで落ち着いているようです。

オーストラリアンケルピーの飼い方

オーストラリアンケルピーはとても活発です。比較的穏やかで落ち着いているショーケルピーであっても、その活発さは他の犬種以上です。オーストラリアンケルピーを飼うにはかなりの運動量が必要だということを心しておきましょう。1日2回の散歩の際には、1〜2時間のランニングも併せて行うのが良いでしょう。オーストラリアンケルピーは賢く、俊敏なので、フライングディスクやアジリティなどに向いています。オーストラリアンケルピーを飼うなら、ぜひ一緒にドッグスポーツを楽しんでみて下さい。

オーストラリアンケルピーは、飼い主を一度リーダーと認めれば、相手の要求を汲み取ろうと真剣に向かい合ってくれる犬種です。そのため、主従関係を理解させることができれば、家族とも良い関係が築けるはずです。

被毛は短いので、週に1回ぐらいのブラッシングでよいでしょう。換毛期は下毛が多く抜けるので、こまめなブラッシングが必要です。汚れたらタオルで拭いてあげ、定期的にシャンプーもしてあげましょう。

オーストラリアンケルピーがかかりやすい病気は、股関節形成不全、進行性網膜萎縮、拡張性心筋症、小脳変性症などがあります。運動と体重管理をしっかりと行い、肥満にならないように気をつけてあげましょう。そして、いつもと違う様子が見えたら早めに動物病院に連れて行きましょう。

オーストラリアンケルピーに関するまとめ

日本ではあまり見かけないオーストラリアンケルピーですが、原産国のオーストラリアではとてもポピュラーな犬種です。牧羊犬として生まれたオーストラリアンケルピーは、賢く運動能力も高いので、ドックスポーツを楽しむには格好の犬種です。日本でも専門のブリーダーがいるようなので、オーストラリアンケルピーとの暮らしを楽しんでみるのも良いかもしれません。