―あのコの恋愛事情― #彼と恋愛を始める方法 編

写真拡大



ネイルサロンは不思議な空間。
手を握り合っているからなのか、リラックスした密室空間がそうさせるのか、秘密の内緒話しを打ち明けて下さる方がとても多い場所でもあります。
そんなネイルサロンで繰り広げられるみんなのリアルな恋のお話をお送り致します。


※許可を頂いたものだけ掲載しています。
※個人を特定できる情報が含まれないよう職業等にフィクションも織り交ぜています。ご了承ください。

■◇好きになる瞬間ですら

久しぶりに恋に落ちると「片想い中ってどうやって過ごしてたんだっけ?」「何をしたら両想いになれるんだっけ?」なんて、思い出せなかったりする。


好きになった瞬間だってなかなか思い出せないし、いつの間にか気付けば彼のことが浮かんで、どうやったらお近づきになれるのか?仲良くなれるのか?そのことばかりが頭の中を占めるんだ。


「あいこさん、普段はどうやって両想いになってます?」笑いながらそんな難しい質問をするサツキさん(仮名)に答える明確な答えは持ってない。
「両想い!?その言葉そのものが懐かしいんですけど!」そんな言葉しか出てこなかった。

■◇予感を含んだ恋

大人になるといつの間にか「この恋はうまくいくだろう」なんていう予感を含んだ恋が多くなってくる気がする。付き合う前に肌を合わせてみたりして「彼も私を好きだろう」なんて勘を働かせて恋を進めているような気すらするのだ。


うまくいくかわからない。自分をどう思ってくれているのかわからない。そんな状態の恋っていつぶりだろうか。


「食事に誘ったらOKだった」「LINEの返事が早い」「私には優しい」
いくつもの「きっと大丈夫」のカードを見つけてから進む恋が増えてしまって「きっと大丈夫」の数が少ないと、途端に気弱になってしまう。


「サツキさん、怖がったらだめです!当たって砕けろです!」
「この歳で砕けたくないよ〜」


そんな会話をしながら気付いてしまうのは「大人こそ怖がりだ」ということ。
何度も人を好きになってきたはずなのに、大人になると怖いものが増えてしまって初恋の頃よりも真っ直ぐ進めていないかもしれない。「否定されること」「傷つくこと」には途端に恐怖心を抱いてしまう。

■◇駆け引きは恋の邪魔もの

子どもの頃だって恋をしたし「もう誰も好きにならない」とか「彼以上の人なんていない」なんても思ったし、子どもなりに真剣な恋をしたけれど、今よりももっと真っ直ぐに恋をしていたと思う。嫌われたくないという気持ちは同じだけれど、もっと真っ直ぐに「好きです」て気持ちをぶつけていたと思う。大人はいつから怖がりになるんだろう?


「他人事だから言いますけどね、相手の気持ちを探るより当たって砕けろですよ!駆け引きしたら絶対にうまくいかない気がします」


そんな私のアドバイスに「無理無理無理!」即答するサツキさん。
「でも、傷つかないようにって駆け引きしてたら進まない気がしませんか?」
サツキさんだってきっとわかっているはずだ。

■◇おわりに

「好きです」と想いを投げたら「僕もです」か「ごめんなさい」が返ってくる。彼を振り向かせるためには想いを投げるしかなくて「これをしたら彼が私を好きになってくれる」魔法なんてない。すっかり大人になっていても、恋をした途端に恋のおまじないまで試したくなるけれど、人はそんな簡単に恋に落ちたりしないことも知っている。


彼を振り向かせるにはどうしたらいい?
答えはひとつ。「想いを伝えること」。かわいいラインスタンプとか手作りのお菓子とか、家庭的アピールなんて遠回りしていてもなかなか恋は始まらない。
「とりあえず、友だちからでもいい?」なんて言われたとしても「この子は俺を好きなんだ」て知ってくれるだけで、恋は始まりやすくなるはず。
「惚れた方の負けよ」なんてカッコイイ一言もあるけれど、惚れちゃったんだから仕方ないよね。
彼と恋愛したいなら「怖い」に勝つしかない。気まずくなるかもなんて、後で考えればいい。
サツキさんは言う、「考えただけで口から心臓が出そうです」


私たち、大人になりすぎちゃいましたね。(川上あいこ/ライター)


(ハウコレ編集部)
(ササキミウ@M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)