カエルとウサギが戯れる名場面?がフィギュア&切手に

写真拡大

印刷業のワキプリントピア(神奈川県藤沢市)は、「海洋堂美術作品立体図鑑『鳥獣戯画』フレーム切手セット」を完全受注生産で、全国の郵便局では2017年9月19日〜11月20日まで、「郵便局のネットショップ」では11月23日まで申込受付を行う。発送は18年1月15日から順次。

海洋堂の造形師・イラストレーター、松村しのぶ氏が原型を手がける

京都市の高山寺を代表する宝物で、 "日本最古の漫画"とも称される国宝「鳥獣人物戯画」から、カエルやウサギなど擬人化した動物を描いた場面のフレーム切手(82円5枚、シールタイプ)×1シートと、躍動感あふれるカエルとウサギが戯れるシーンを再現したフィギュア、郵便局限定仕様の「鳥獣人物戯画」甲巻をイメージした特別展示ボックスのセット。本セットは高山寺公認だという。

動物や恐竜などを生物学的に正確な造形で手がける、海洋堂所属の造形師・イラストレーターの松村しのぶ氏がフィギュアの原型を製作する。

価格は7900円(税・送料込)。