内紛騒動ネイマールの”トラブル歴”を特集 「傲慢な振る舞い」とスペイン紙酷評

写真拡大

カバーニとの小競り合いを受け、「AS」が過去の“バトル”をフォーカス

 パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマールは、第6節のリヨン戦(2-0)でPKとFKキッカーの座を巡って同僚のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと小競り合いを展開。

 移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)で加入した男は、6連勝を飾ったチームでトラブルの火種を作っているが、スペインメディアではネイマールの「トラブル歴」が紹介されている。

「ピッチ上でのネイマールのバトルヒストリー」と特集したのは、スペイン紙「AS」だ。記事では、「ウルグアイ人ストライカーが、ネイマールのピッチ上でのわがままの最新の犠牲者になった」と報じられている。

 後半10分、ネイマールが獲得したFKのチャンス。カバーニがキッカーを務めようとボールを取りに行くと、ネイマールが拒否した。緊張が走り、口論に発展するなか、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスがなぜかボールを強奪し、同僚のネイマールにボールを手渡してキッカー役を託す一幕があった。ネイマールが放ったシュートは相手GKの好セーブに阻まれ、ゴールとはならなかった。

 さらに、同35分に迎えたPKのチャンスではカバーニがキッカーを務めたが、蹴る前にネイマールが近づきピッチ上に緊張が走る。そのプレッシャーからか、カバーニはこのシュートを失敗。試合は2本のオウンゴールによってPSGが2-0と勝利したものの、後味の悪いものとなってしまった。

PSG移籍前にはセメドと取っ組み合いの騒動

 今回の一件は、世界中で大きく取り上げられることになったが、過去にもネイマールはピッチで問題を起こしている。特集では、その一つひとつを振り返っている。

 今季の代表例では、PSG移籍直前のバルセロナでの練習で勃発した、ポルトガル代表DFネルソン・セメドとの取っ組み合いの衝撃バトルだ。ネイマールはミニゲーム中に競り合ったセメドと衝突。接触プレーに苛立ちを募らせると、猛ダッシュでセメドに詰め寄り、飛びかかった。一度は乱闘寸前にまで至ったが、チームメイトに制止され、ネイマールはビブスを投げ捨てると、転がっているボールを思い切り蹴飛ばして足早に練習場から去っていった。

 さらに、PSGの一員としてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初陣となったセルティック戦でも問題行動に出ている。試合中にセルティックに所属する18歳の新鋭DFアンソニー・ラルストンとやり合っていたネイマールは、5-0で勝利した後、ラルストンが申し出た握手を拒否。ユニフォーム交換も拒否し、その映像はネットを中心に世界中に拡散された(後日、ユニフォーム交換に応じなかったのは、チャリティーに寄付するためだと報じられ、誤解は解けたが……)。記事では、「世界で最も高給な選手であることを忘れた、子供じみたプロらしからぬ行動」と厳しく言及している。

 2015年の南米選手権では、コロンビア戦(0-1)でDFパブロ・アルメロに向かってボールを蹴り飛ばし、両軍が入り乱れる騒動に発展。激怒したFWカルロス・バッカがネイマールに食ってかかり、バッカのユニフォームが破れるほどのもみ合いとなった。ネイマールはこの一件で、南米サッカー連盟から4試合の出場停止処分を受けており、同紙は「またしても傲慢な振る舞い」としている。

腰椎骨折に追いやったスニガは因縁の相手

 代表シーンにおいてコロンビアは、ネイマールにとって因縁の相手だ。2014年ブラジル・ワールドカップ準々決勝でDFファン・カミロ・スニガに後ろから膝蹴りを食らい、腰椎骨折でチーム離脱の憂き目に遭った。その後の代表戦で再び対立し、「あとで謝罪の電話をしやがれ、クソ野郎!!」と暴言を吐いている。

 2015年のスペイン国王杯決勝バルサ対アスレチック・ビルバオ戦(3-1)では、スペイン人DFウナイ・ブスティンザと激突。得意のヒールリフトを披露したネイマールは、相手のファウルで食い止められたが、侮辱行為と激怒したビルバオイレブンに詰め寄られ、元スペイン代表MFシャビが仲裁に入る一幕もあった。

 2014年には、レアル・マドリードのポルトガル代表DFコエントラン、ペペとエリア内で大げさに倒れ込んだプレーを巡って騒動となった。さらに、2010年のサントス時代にもPKキッカーを巡ってリバル・ジュニオール監督と対立。指揮官は激怒し、次の試合でネイマールを起用しなかったが、指揮官が数時間後に解任される事態に発展した。他にも、アトレチコ・マドリードには敵が多く、スペイン代表DFファンフランやスペイン代表FWフェルナンド・トーレスとも確執がある。

 華麗なプレーでスタンドを沸かせるネイマールだが、スーパースターに相応しいリスペクトを受けるにはまだ時間がかかるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images