気になる彼に好かれるため、付き合っている彼の喜んでもらうために、メイクやファッションを頑張る女性も多いと思います。

でも、男性に聞いてみると、その頑張りがかえって逆効果になっていることも…。

そこで今回は、男性に聞いてみた!正直やめてほしい女子のアピールを3つご紹介します。

もし当てはまるものがあったら、今からやめたほうがいいかもしれません。

メイクをばっちり決める

まずはメイクについて。

「ばっちりメイクして、めちゃくちゃ濃い顔で現れるのは正直やめてほしい。あとまつ毛が不自然なくらい量が多いし、違和感ありすぎて…。」(30代/金融)

やはりナチュラルメイクが好きな男性が圧倒的に多いですから、濃すぎるメイクには注意したいところ。

濃いめのメイクが好きな女性は、少し意識していつもより薄いメイクを心がけるといいですね。

あと、つけまつげやまつエクをしている女性もいるかもしれませんが、やりすぎると男性からは不評のようです。

たしかに、「さすがに多すぎない?」と違和感のあるまつ毛になっている女性もたしかにいますよね。

露出の激しい服装で現れる

次は服装について。

「露出の激しい服装をされると目のやり場に困るし、ついつい胸に目がいってしまって…。あと、自分の彼女の肌は、あまり他の男性には見せたくない気持ちもありますね。」(30代/IT)

露出の激しい服装で来られると、胸などについつい目がいってしまう男性も多いようです。

女性との関係にもよりますが、まだ出会ったばかりであまり親しくなかったりすると、「どこをじろじろ見てるの!」と突っ込まれそうな気持になって不安なんだとか。

男性も気になる女性には自分のことを気に入ってほしいので、女性に不快な印象を与えたくないというのが本音のようです。

あと、彼女の服で隠れている部分を見れるのは自分だけ、そんな優越感が男性にはあるようで、あまり彼女に露出の激しい格好をしてほしくないという意見もあるようですね。

それと、デートの時に彼女が露出の激しい格好をしていると、まわりの男性からじろじろ見られるのはいい気分ではないというのもあるのかもしれません。

手作りのプレゼントを頻繁にくれる

最後はプレゼントについて。

「僕に喜んでほしくてやってるんだろうけど、手作りのジャムとか手作りの石鹸とか、ことあるごとに手作りのプレゼントをくれたのは正直ちょっと…と思ってしまいましたね。誕生日とかクリスマスとか、年に1回くらい特別な時に心のこもった手作りのプレゼントをもらえればそれで充分です。」(20代/教師)

手料理を喜ばない男性はいないと思うので、何かプレゼントしたい気持ちがあるのなら、手料理をふるまってあげるのがいいかもしれません。

そして、誕生日やクリスマスなど、特別なイベントの時に心のこもったプレゼントをあげたいですね。

滅多にないことだからこそ、彼もとても喜んでくれるのだと思いますよ。

おわりに

いかがだったでしょうか?

メイクも服装もプレゼントも、彼を想うあまりやりすぎてしまうとNGのようですね。

何事もほどほどがちょうどいいので、やりすぎには注意しましょう!

(愛カツ編集部)