名医が勧める薬は?

写真拡大

 これまで、本誌・週刊ポストを含めたメディアは薬のリスクにばかり着目し、「薬を飲む量は少ないほうがいい」と繰り返し報じてきた。だが、「どの薬にどんなリスクがあるのか」「どの薬を飲んではいけないのか」は述べられていても、「どの薬を飲めばいいのか」について説明されることは少なかった。

 一体、患者はどの薬を飲めばいいのか。それを最もよく知るのが「無用な薬を患者に飲ませるべきではない」という考えに立った上で臨床現場で長く薬を処方してきた医師たちである。

 そこで本誌は今回、名医と呼ばれる医師に、それぞれの“選び方の基準”に基づく「患者に勧めてもいい薬」を聞いた。

◆生活習慣病で頼るべき薬

 浜松医科大学名誉教授で、多くの著書で多薬治療のリスクを啓蒙している内科医の高田明和氏は、「生活習慣病は薬の数が多過ぎる」と指摘する。

「降圧剤は安易に使用するものではありませんが、収縮期(上)の血圧が170を超えたら、高血圧治療の第一選択肢としての歴史が長いカルシウム拮抗剤『アムロジピン』をすぐに服用すべきです。

 また、糖調節機能が悪化した糖尿病予備軍は、血糖コントロールのために対糖機能障害の薬『メトグルコ』を服用して予防することが大切。コレステロールは少々高くても薬は不要ですが、遺伝的に高い場合のみコレステロール低下薬『メバロチン』を服用すれば効果があります」(高田医師)

 狭心症の発作がある人は血管を拡張する作用のある「ニトロール」が必須だと高田医師が続ける。

「いわゆるニトログリセリンです。狭心症の発作や痛みが出たらすぐ飲まないと命の危険もあります」

◆対症療法に使える市販薬

 予防医学を専門とする新潟大学名誉教授の岡田正彦医師(内科)は「飲むべき薬と飲まないほうが良い薬の間には線引きがある」と主張する。

「高血圧や糖尿病は、薬を飲んで数値を改善しても寿命が延びるかどうかはいまだにわかっていない。私は、高血圧や高コレステロールといった“検査値が高いだけの状態”は、薬で数字を抑え込むのではなく、生活習慣を見直して治すべきだと考えています」

 その前提を踏まえて岡田氏が選んだのは、差し迫った苦痛や症状を緩和する薬が中心だ。それには、処方薬よりも市販薬のほうが効果的だという。

「鎮痛解熱薬『タイレノール』や総合胃腸薬『パンシロントリム』、便秘薬『コーラックハーブ』や『ビオフェルミン止瀉薬』はいずれも市販薬ですが、配合されている成分からみて比較的副作用が少なく、効果も期待できます」(岡田医師)

 もうひとつ、岡田医師が推薦するのが“のど飴”だ。

「風邪をひいたときの主訴で、最も多いのが『のどの痛み』です。私は、処方薬ではなく、コンビニなどでも買える『ヴィックスメディケイテッドドロップ』を薦めています。

 処方薬はのどを殺菌する効果がある一方で、粘膜まで傷めてしまうことがあり、場合によっては痛みが増してしまうこともあります。のどの荒れを抑えるなら、市販ののど飴で十分なのです」

 市販薬以外では抗生剤「オーグメンチン配合錠」などを挙げる。

「細菌が体内に入り、生命の危機を迎える可能性のある感染症に罹った場合には、抗生物質は必要不可欠。この薬は他の薬に比べて多くの菌に対応しているため、広く用いられています」(同前)

※週刊ポスト2017年9月29日号