@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

48Vシステム HV車の半分以上に採用と予測

ボルグワーナーは、ドライブトレインに求められる要件が、世界規模で変化すると予測している。

そして、マーケットが求める燃費、機能などを満たすためには、フルハイブリッド、バッテリー式EV、そして48Vマイルドハイブリッド技術が重要なステップになると考えている。

ボルグワーナーは、
・2015年のRemy社の買収
・電動車両向け部品サプライヤーSevcon社の年内買収合意
を通じて、業界で最も幅広い48Vマイルドハイブリッド技術を開発/提供してきたサプライヤーだ。

ハイブリッド車の年間生産台数が約2500万台に達する2027年までに、48Vシステムは、世界のハイブリッド車市場の60%超を占めるとも予測している。
 

ダイムラーをはじめ世界的メーカー3社へ

・電動コンプレッサー「eBooster」
・「iBAS(インテグレーテッド・ベルト・オルタネーター・スターターズ)」

といったボルグワーナーの48Vシステムは、廃エネルギーを保存して有効活用し、さらなる駆動力、燃費、性能を提供。この最新システムを利用したeBoosterソリューションの量産化は現在進められており、ダイムラーの最新式3.0ℓガソリンエンジン用をはじめとして、グローバル自動車メーカー3社への販売も開始されるという。


ボルグワーナーの最高技術責任者、クリストファー・P・トーマスは、「当社は、複数の48V製品分野で事業を展開しているため、個々のテクノロジーをシステムとして機能させることができます。例えばエンジニアは、eBoosterとiBASを組み込んだ48Vシステムを評価し、バッテリー充電から駆動システムへのニーズに最も効果的な制御を決定しました。これによって効率が向上し、

・エンジンサイズの最適化
・ターボチャージャーと駆動系コンポーネントの適切な組み合わせ

さらに自動車メーカーは、
・パッケージング、アーキテクチャ、デザイン、燃費の革新的な改善

を実現します。ベースラインとアプリケーションによっては、燃費が20%改善する可能性もあります」と述べている。