偉大な記録を次々と打ち立てるジェノア期待の若手ペッレグリ photo/Getty Images

写真拡大

先日、セリエAで史上最年少2ゴールを達成し、一躍脚光を浴びたジェノアのU-17イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリだが、早くも海外クラブが彼に関心を寄せているようだ。

昨年12月に15歳280日でセリエAデビュー(最年少出場記録タイ)を飾ったペッレグリ。今月17日のラツィオ戦で途中出場ながら2ゴールを決め、86年ぶりに偉大な記録(16歳112日)を打ち立てた。試合後から多くの国内クラブが、将来の活躍が期待されるこの16歳のストライカーに興味を示しているようで、いくつかの地元メディアが「ユヴェントスやACミランが、ペッレグリを早くもロックオンしている」などと報じていた。

そんな中、英『EXPRESS』などいくつかの英メディアが「このイタリアの若者は、すでに欧州中のクラブからもてはやされている。チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せている」と報じた。さらに同メディアらは「ペッレグリの代理人がイングランドへの移籍を画策しており、興味を示すクラブと会合を行うためにロンドンへ渡るのではないか」とも伝えている。

今後の活躍次第では、さらに多くのクラブかペッレグリの獲得に動き出すかもしれない。まずは今季のセリエAで、ストライカーとして目に見える結果を残したいところだ。