ウルグアイ代表として活躍したフォルラン photo/Getty Images

写真拡大

ブラジル人がネイマールを擁護するならば、ウルグアイのレジェンドはエディンソン・カバーニを迷うことなく援護射撃するだろう。かつてマンチェスター・ユナイテッドやアトレティコ・マドリードなどで活躍した元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、“パリのPK騒動”について言及している。

これまでPKを任されてきたカバーニと、その座を寄こせと言わんばかりに同選手へ詰め寄ったネイマール。17日のリヨン戦で繰り広げられた2人のスター選手によるPK争奪戦を発端に、パリ・サンジェルマンは不名誉な形で世界中から良からぬスポットライトを浴びてしまった。試合中のカメラ映像には明らかに不満そうな態度でペナルティースポットを離れるネイマールが映っており、フォルランはこのブラジル人FWを「失礼」だと一喝している。『sport890』が伝えた。

「史上最高のビッグディールとしてパリにやってきたネイマールだが、彼はカバーニへの敬意を払う必要があるね。失礼な態度だ。メッシ相手にはそんなことしなかっただろうに。私だってアトレティコに在籍していた時はいつもPKやFKを蹴りたかったが、それはアグエロも同じだったよ」

また、ダニエウ・アウベスがこの騒動に“ネイマール寄り”の立場から参戦したことについては「2人の問題なら分かるが、アウベスがやったことは問題だよ。あのチームにはブラジル人が多く、ネイマールは彼らを味方にするだろうね。だからこそカバーニが他の選手から擁護されることを望むよ」と話している。