今夏加入のブラジル代表コンビ photo/Getty Images

写真拡大

今夏パリ・サンジェルマンにやってきたブラジル代表FWネイマールとDFダニエウ・アウベスの2人はチームを高みへ押し上げる存在になると期待されている。前者は誰もが知るスーパースターで、世界最高の選手の座を狙おうとする存在だ。後者はバルセロナとユヴェントスで数多くのタイトルを獲得してきた経験があり、その勝者のメンタリティをPSGにも持ち込んでくれるはずと期待されている。

しかし、サポーターの中には2人がチームを破壊してしまうのではないかと不安視する声も挙がっているようだ。それを少し予感させたのが17日のリヨン戦だ。この試合ではフリーキックのキッカーの座を巡ってネイマールとエディンソン・カバーニが争ったが、なぜかそこにアウベスも介入。ネイマールが倒されてフリーキックを得ると、アウベスがボールを拾ってカバーニに渡すことを拒んだのだ。そして最後はネイマールにボールを渡したような格好となり、ブラジル代表コンビの行動には注目が集まった。

こうしたネイマールとアウベスの行動がチームに悪影響を与える可能性もあるとの見方もあり、英『Daily Mail』はサポーターがドレッシングルームの雰囲気が破壊されるのではと懸念していることを取り上げている。

同メディアによると、サポーターからは「ネイマールとアウベスは派閥を生み、チームに混乱をもたらすだろう」、「この2人がカバーニ売却へ監督を納得させることになるだろうね」、「ドレッシングルームはすでに分裂した」、「2人はチームにトラブルを与えるはず」など不安な意見が出ているようだ。

アウベスも数多くの成功を収めてきたベテラン選手だが、ドレッシングルームで音楽を流すなど独特な感性の影響かトラブルを生んだこともある。ネイマールはすでにカバーニとの関係が疑問視されており、PSGがブラジル代表コンビの影響で混乱してしまう危険も出てきた。サポーターもそれを予感しているようだが、チームは1つにまとまれるか。