シャルケ戦で衝撃の2点を決めた当時の香川 photo/Getty Images

写真拡大

20日にアウェイでハンブルガーSVと対戦したドルトムントは、日本代表MF香川真司が先制弾を記録した。フリーキックのチャンスから味方がヘディングで競り合ったこぼれ球を右足で豪快に蹴り込んだゴールで、これで香川はブンデスリーガ通算37得点目となった。

これを独『Sport1』も取り上げている。ブンデスリーガ通算37得点の記録は、現在レスター・シティでプレイする日本代表FW岡崎慎司と並んで日本人最多の記録だ。岡崎はシュツットガルトとマインツで活躍し、マインツでは2シーズン続けて二桁得点を記録している。

同メディアは「香川がハンブルガーSV戦でのゴールで同胞・オカザキに並んだ」と報じ、その記録を称賛している。また2人の記録を比較しており、岡崎は128試合で37得点だったのに対し、香川は2試合だけ多く130試合で37得点目を達成した。

ブンデスリーガ公式サイトも香川の37点目を伝えており、ライバルのシャルケ相手に2ゴールを決めた2010-11シーズンの衝撃デビューシーズンや、13得点を挙げてチームのリーグ制覇に大きく貢献した2011-12シーズンのことなど過去の記憶も振り返っている。当時に比べると近年は得点ペースも落ちているが、それでも日本屈指のテクニシャンであることは間違いない。出場機会さえ与えられれば今季も活躍できるはずだ。

指揮官のピーター・ボスに対してもハンブルガーSV戦での得点はアピールになったはずだが、香川は中盤の激しいポジション争いに勝てるのか。