ユヴェントスのディバラ photo/Getty Images

写真拡大

今季は開幕から4試合で8ゴールと大爆発しているユヴェントスFWパウロ・ディバラは、同じアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと常に比較されてきた。現在2人はアルゼンチン代表でチームメイトにもなっており、ディバラをメッシの後継者と呼びたくなるのも頷ける。

しかし、イタリアの暴れん坊FWアントニオ・カッサーノはディバラをメッシ系の選手とは考えていないようだ。伊『Medaiset』によると、カッサーノはディバラとメッシを比較することはできないとし、代わりにディバラと似ている選手の名前を挙げた。

「個人的にはメッシは歴史上最高の選手で、誰とも比較はできない。恐らくクリスティアーノ・ロナウドが少し近づいたくらいだ。ディバラは優れた選手だが、メッシとは比較できないね。オレはディバラがモンテッラと似ていると思う。ディバラは優れたテクニックがあり、強くてスマート、そして多くのゴールを決めている。モンテッラもそうだったし、150ゴール以上決めている。特別な選手だよ」

カッサーノはディバラに現ミラン指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラを重ねているようで、モンテッラも現役時代はローマでゴールを量産。スクデット獲得の経験もある名FWだった。同じレフティというところも共通点と言えるが、カッサーノにとってディバラはモンテッラと似ていると感じるようだ。