今夏ミランは大型補強を展開したが…… photo/Getty Images

写真拡大

まだ開幕して間もないが、今季のセリエAはここまでサッカーファンの期待通り面白い展開になっていると言えるのではないだろうか。絶対王者ユヴェントスが圧倒的な力を発揮しているのは相変わらずだが、今夏ルチアーノ・スパレッティを招聘したインテルも開幕5試合で4勝1分と喰らいついている。近年ユヴェントスを追いかけ続けているナポリも快調で、今夏大型補強を敢行したミランも第5節開始前の時点で5位と健闘している。ややローマが出遅れた感はあるものの、期待通り今季のスクデット争いは面白くなりそうだ。

スクデットもそうだが、もう1つ気になるのはチャンピオンズリーグ出場権をどのクラブが獲得するかだ。ミランやインテルの目標はあくまでチャンピオンズリーグ出場権獲得にあり、スクデットはその延長線上にある目標といったところだ。2、3、4位争いも興味深いポイントだが、名物代理人ミーノ・ライオラ氏の従兄弟であるエンツォ・ライオラ氏が今季のトップ4の顔ぶれを予想している。

伊『Calciomercato』によると、同氏の予想ではミランがトップ4から漏れることになっている。ミランといえば今夏GKジャンルイジ・ドンナルンマの退団説で大きく揺れ動いたこともあり、同選手の代理人を務めるライオラ氏とミランの関係は破綻しているとも言われている。同メディアはライオラ氏らしくミランがトップ4から漏れていると今回の予想を取り上げているが、同氏は今季のトップ4の顔ぶれについて次のように予想している。

「私はナポリが好きだが、正直ユヴェントスが頭1つ出ている。インテルは欧州カップ戦がなく、1週間に1試合で良いのがアドバンテージになるだろう。私はユーヴェ、ナポリ、インテル、そしてローマの順になると思う」

妥当ともいえるチョイスだが、今夏スタメンを丸ごと入れ替える勢いで補強を敢行したミランは4位以内には入れないのか。今季はスクデット争い以上にトップ4争いも大いに盛り上がりそうだ。