マドンナをして「憧れだった」と言わしめるなど、デボラ・ハリーは70年代から80年代にかけてのロック・シーンを代表するセックス・シンボルだった。このアルバムのジャケット中央でパトカーに座る金髪眩しい女性がマドンナだと言われても違和感はない。ブロンディといえば「Call Me」だが、これはその前夜で、パンクやニューウェイヴ色が強い。といっても、60年代ポップスの要素がベースにあり、その両者を融合させた好盤。(竹部吉晃)

【RECORD】

【登場車両】
PLYMOUTH
Fury
プリムス
フューリー(1975-78)

●写真はNYPD(ニューヨーク市警)カラーのもの。7代目フューリーは後期に縦角目2灯式ヘッドランプとなっている。80年代のカーチェイス映画によく出ていたのを憶えている。

(クリッカー編集部)

【関連リンク】

書籍版の「カージャケ CAR JACKET GRAPHIC」はこちら。
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8982

定価2400円 (本体価格2222円)
ISBN:9784779629051

【カージャケNo.085】Call Me前夜ブロンディがリリースしたパンク色あふれるポップサウンド Plastic Letters BLONDIE [ブロンディ]1977(http://clicccar.com/2017/09/21/495084/)