ライブ中に熱唱する客 山下達郎が厳しい持論

写真拡大

コンサート中についつい盛り上がって、ステージ上のアーティストと一緒に歌ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

「アーティストと一緒に歌う」という行為について、人気シンガー・ソングライターの山下達郎さんが持論を展開。その発言に注目が集まっています。

ライブ中に歌う行為について、山下達郎は反対派

山下さんがパーソナリティーを務めるTOKYO FMラジオ『山下達郎のサンデー・ソングブック』の2017年9月17日放送回で、リスナーからのこんな手紙が紹介されました。

私が達郎さんのライブに行くと、大盛り上がりの場面でついつい大声で達郎さんと合唱してしまいます。

隣の妻は「あなたの声しか聞こえない」と大ひんしゅくです。

周りのかたにもご迷惑かも? これってダメでしょうか。

山下達郎のサンデー・ソングブック ーより引用

このリスナーからの質問へ、山下さんの回答は…「NO」

山下さんは「ダメです」と話し、その理由を説明しています。

一番迷惑なアレ(行為)です。

あなたの歌を聞きに来てるんじゃないのです。

でも、奥さん優しいですね。

自分が(ライブに行った時に)隣にそういうおじさんいたら、私はいいますよ。

山下達郎のサンデー・ソングブック ーより引用

厳しい意見かもしれませんが、「あなたの歌を聞きに来てるんじゃないのです」という言葉に尽きるのではないでしょうか。

山下さんは自分がライブを見に行った際にそういう人がいると、注意するとのこと。注意はしないまでも、不快に思っている人は多いかもしれません。

また、その後に紹介されたメールでは「『コンサートチケットに3歳以下の子どもはおヒザの上なら無料』という記載があるため、3歳の孫をライブデビューさせようか迷っている」というものもありました。

それについては山下さんは、こう回答しました。

それぞれのかたの良心、節度にお任せしています。

ちっちゃなお子さんがひたすら泣かれるとライブに支障をきたしますので、そういう時はお父さんなりお母さんが(お子さんを)連れて(会場の外に)出られるなり、そうした一般常識がお守りいただけるのであれば…。

山下達郎のサンデー・ソングブック ーより引用

ライブに訪れたファンには、「自分の音楽を存分に堪能してほしい」という山下さんの音楽家ならではの思いが強いようです。

世間の反応は?

気持ちよくなって、歌ってしまう気持ちも分かるが確かに大声で歌われるのは迷惑。山下さん、よくいってくれた。歌っている人は気持ちよくても、周りに迷惑かけるのはただの自己満足だよね。俺も歌う派だから、今後気をつけないと。

もちろん、こちらはあくまで山下さんの意見で、主催するアーティストによって考えかたも違うでしょう。

会場が一緒になって歌うこと楽しむ曲があったりと、ライブの形も様々です。

その曲が盛り上がる曲なのか、しっとり聞きたいバラード曲なのか…さらには、歌い手が来場したファンにどういった参加のスタイルを求めているのか、状況を見ながら楽しむのが大事なことかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]