標高5,729mの高地で開催され、火山灰の上で90分のフルゲームが行なわれた。

写真拡大 (全2枚)

 アフリカ大陸最高峰キリマンジャロでFIFA公認のサッカーの試合が行なわれたのは6月24日のこと。世界初となる標高5,729mの高地で開催され、ギネス世界記録を樹立した。
 
 このイベントは、キリマンジャロに登ることで、スポーツにおける男女平等に関する意識を高めようと行なわれたもので、6大陸20カ国以上から30人以上の女性がタンザニアにボランティアで集まった。
 
 参加したのは15歳から55歳までのアマチュア選手とプロ選手で、なかには、元代表選手も多くおり、2011年女子ドイツW杯のファイナルで「なでしこジャパン」と戦ったローリ・リンジー(元アメリカ代表)や元フランス代表のサンドリーヌ・デュサング、元イングランド代表のレイチェル・ユニット、元ドイツ代表のペトラ・ランダース、元メキシコ代表のモニカ・ゴンザレスなども参加した。
 
 試合はVolcano(火山) FCとGlacier(氷河) FCの2チームに分かれて対戦。FIFA公式のコートサイズ、ゴールが採用され、標高5,729mという高地のなか火山灰のピッチの上で90分のフルゲームを戦い、スコアレスドローで試合を終えた。
 
 プロジェクトを運営したNGO団体の共同設立者であるエリン・ブランケンシップ選手は「性別にかかわらず19,000フィートの高地でチームスポーツを行なうことは、なかなかできないことです。その上で、スポーツにおける、特に女子サッカーにおける平等に関して、選手や組織、そしてチャレンジの在り方を示すことができました。」と語った。